読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

愛知杯は超難解レース 大荒れ必至?雪の中京を突き抜けるのはヒルノマテーラ?!

 猛烈な寒波が日本列島を襲っています。雪で危ぶまれていた中京もなんとか開催出来ました。
 
 古馬牝馬によるG3愛知杯が行われます。
 芝2000m、上下6キロの差があるハンデ戦に15頭が参戦します。
 
 荒れることが定番になっているレースです。
 馬場がリニューアルされた過去4回の結果を見てもえげつない配当が出ています。

 昨年も3連単は345,200円、2013年に至っては12番人気、14番人気、13番人気で決まって471万2080円と腰をぬかしそうな配当を記録しています。
 今年のメンバーを見渡しても重賞勝ちの馬こそいませんが、G1経験馬から連勝中の上り馬まで人気も割れていて大波乱の匂いがプンプンします。
 こんなレースを的中するなんて私の頭では無理は承知で馬券に臨みます。

 今回の愛知杯にはこのブログでも再三推奨してきたいわゆるお手馬が3頭出走します。

 マキシムドパリ、ヒルノマテーラ、ダイワドレッサー、7枠8枠の外枠に集中しました。
 特にマテーラとドレッサーはともに重賞2着と期待に応えてくれたこともありましたが、大敗して赤っ恥をかいたことも。マキシムドは秋華賞で3着に好走してくれたりもしました。

 3頭の中からヒルノマテーラをチョイスしました。
 ここ2走は13着、10着とボロ負けが続いていますが、3走前の末脚の残像が頭から離れません。
 牡馬のクラリティシチーやベルーフといった骨っぽい相手にコンマ2秒差をつけて完勝しました。

 追込みタイプなので展開次第だし、雪による馬場状態、それにトップハンデの55キロも心配の種です。
 ハンデについてはハンデキャッパーもその実力を認識していると理解することにしました。
 
 年末の朝日杯で久々にG1を制した四位騎手の手腕にも期待したいものです。

 馬券の方は
 単勝14を1000円、複勝14を3000円
3連複
  12 14
12 14 11 15
12 14 11 15 1 7 9 10 13
100円✕29点= 2900円

        合計 6900円
 ヒルノマテーラはお昼の時点で6番人気
 単勝オッズは10倍前後
 まずまずの位置につけています。
 末脚を信じて!

  2017年収支
    購入金額  15,900円
    払い戻し     0円
   1月中に的中できないかも、、

  2016年収支
    購入金額  126,500円
    払い戻し   81,990円