馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

セントライト記念 カレンルシェルブル 懲りずに格下人気薄を狙う! もし来ても驚かない激走の下地あり・・

 日曜のローズS、私の大本命9人気イリマはブービーの17着と大惨敗を喫しました。
 夏の上がり馬がまたしても厚い壁に阻まれました。

 月曜は中山競馬場セントライト記念芝2200m外回り戦が行われます。

 当日の午前段階で1人気タイトルホルダー3.5倍、2人気ソーヴァリアント3.8倍、3人気オーソクレース6.7倍、4人気グラティアス7.6倍、5人気ルペルカーリア7.8倍となっています。

 1頭に人気が集中するようなレースではありませんが、まあ堅く収まるというのが大方の見立てになっているようです。

 昨日までは札幌で2戦続けて大楽勝のソーヴァリアント◎で大丈夫とみていましたが、前走の結果着順のメンバーを見ているうちに気が変わりました。

 2着に6馬身差をつけたこのレース、昨日のローズSで2着に粘ったエイシンヒテンを1秒差の4着に退けているので価値が高いとする向きが多いようです。

 しかしながら2着、3着に来たのが地方からの出戻り馬と地方馬というのがひっかかりました。実際2着馬は次のレースで8着と大敗しています。

 札幌のレースが少頭数だったのも少し不安要素になります。もちろんオッズが示す通り強い馬だとは思いますが、、。

 1人気の皐月賞2着馬のタイトルホルダー、この馬を軸にするのが安全策でしょうが、皐月賞もダービーも8人気であるように相手の1頭という立ち位置が似合う馬だと感じています。

 上位で買いたい馬がいないので、今回も懲りずに重賞を走ったことのない格下の馬でワクワクしてみます。

 6枠9番のカレンルシェルブルに注目しました。
 前走の1勝クラスをようやく抜けたに過ぎない馬ですが、このレースでカレンから3馬身差の4着がヴィヴァンという馬でした。

 ヴィヴァンは18頭立ての新馬戦で後のダービー馬のシャフリヤールとマッチレースの形でクビ差の2着したほどの力のある馬です。

 このことからもカレンルシェルブルの前走は価値があるとも言えます。
強引な見立てかも知れませんが、、。

 何よりカレンは9人気で単勝オッズは38倍前後の人気圏外に置かれているのもギャンブルとしては魅力的です。

 馬券は
 単勝9番 1.000円
 複勝9番 2.000円

 馬連 9〜全通り
   100円✕13点=1.300円
  9 〜 3 , 6 , 7 , 8 , 10 , 11 , 12 , 13
   100円✕8点=800円
      合計5.100円


 2021年収支
  購入金額466.700円
  払い戻し292.290円
 2020年収支
  購入金額652,000円
  払い戻し612,120円
 2019年収支 
  購入金額567,000円
  払い戻し764,780円
 2018年収支
  購入金額478,400円
  払い戻し448,850円
 2017年収支
  購入金額506,100円
  払い戻し323.430円 

ローズS 「イリマ」 格下も連続圧勝に乗った! 騙されてもひたすら買いたい・・

 台風一過、良馬場でのローズSとなりました。今週は3日間開催で月曜日はセントライト記念です。

 先週も3つの重賞はオール外れでした。
 惜しくも何ともない予想でした。

 さてローズSです。昨年は3人気→14人気→11人気で決まって113万を超える特大馬券となりました。
 今年も確たる軸馬はいなくて荒れる匂いがプンプンしています。

 今年は桜花賞オークスで3着以内の馬が参戦していません。

 オークス4着、5着、14着の馬たちが人気上位となっていますが、先週の紫苑Sでオークス3着のハギノピリナが8着と大敗していることからもオークス組の信頼度も高くないと思っています。
(オークス11着のファインルージュが紫苑Sを制したのは桜花賞3着という下地がありました)。

 ここは春のクラシック出走組よりも夏の上昇組を狙いたいところです。

 夏に力を付けた新興勢力がたくさんいますが、中でも圧巻の勝ちっぷりを披露したのがこの馬です。

 1枠1番のキズナ産駒イリマです。
 なかなか勝てなかった馬ですが、7月の小倉未勝利戦を1分57秒5とコンマ6秒差で圧勝しました。

 この走破時計自体は特殊な高速馬場だったので過大評価はしなかったのですが、続く1勝クラスでも着差をコンマ7秒に広げる次元の違うゾクゾクするような差し脚でした。

 圧勝が1つならハマった感もありますが、2つ続くとホンモノの気がします。


 私の場合、こういう下級条件で派手な勝ち方をした馬を軸にしては上級クラスの壁にはね返されてばかりです。

 でも今回も騙されてみます。
 イリマのさらなる進化に賭けます!

 過去の例で言えば2013年小倉の500万下を勝ってデニムアンドルビーの2着した9人気シャトーブランシュ、2017年中京の500万下から8人気で1着のラビットランが思い出されます。

 イリマは7、8人気で単勝オッズも17倍前後となっています。

 相手もやはり新興勢力に来て欲しいところです。

 馬券は
 単勝 1番 1.000円
 複勝 1番 3.000円
 馬連流し
  1〜全通り 
    100円✕17点=1.700円

  1〜 4 , 7 , 9 , 10 , 11 , 12 , 13 ,
    14 , 16 , 17
     200円✕10点=2.000円
 3連複軸1頭流し
 1 〜 5 , 9 , 10 , 11 , 12 , 13 , 14
     100円✕21点=2.100円
     合計9.800円
   

 2021年収支
  購入金額456.900円
  払い戻し292.290円
 2020年収支
  購入金額652,000円
  払い戻し612,120円
 2019年収支 
  購入金額567,000円
  払い戻し764,780円
 2018年収支
  購入金額478,400円
  払い戻し448,850円
 2017年収支
  購入金額506,100円
  払い戻し323.430円 

セントウルS レシステンシア  相手に人気薄タイセイビジョン   京成杯オータムH  カレンシュトラウス 格下でも底しれぬ可能性に賭ける!

 土曜日の紫苑ステークス、馬券内は"確実"としたメイサウザンアワーは掲示板にも載リませんでした。

 勝ったのは馬券外と斬り捨てたファインルージュでした。桜花賞3着馬の力の違いを示す堂々たる勝ちっぷりでした。

 私の見立ては今回も真逆でした。

 日曜は東西でG1を見据えた重賞が2つ、トップ級の馬も登場します。

 中京ではセントウルS芝1200m戦です。

 ここはルメールが乗る4歳牝馬レシステンシアが強いでしょう。
 次が目標とか、調教がどうのこうの言われようと、高松宮記念で16番枠でもダノンスマッシュとクビ差の2着したほどです。
 
 実力はどう見ても傑出しています。
 不動の軸馬です。

 問題は相手をどの馬にするかです。
 常識的にはピクシーナイト、カレンモエ、他スプリンターとしての資質の高い馬に恐らく落ち着きそうです。

 しかし、レシステンシアから買うなら配当的に多点買いは出来ません。

 そうこう考えているうちに、1頭の穴馬に興味を持ちました。

 5番タイセイビジョンです。タートルボウル産駒の4歳牡馬です。朝日杯ではサリオスの2着、重賞2勝の実績馬です。

 マイルを中心に使われて来ましたが、前走のCBC賞は函館2歳S2着以来の1200戦でした。

 序盤はスピードについて行けない感じでしたが、直線は馬群の中を鋭い脚で4着に追い上げました。

 ひょっとしたら年齢と共にスプリント色が濃くなったのかも知れません。

 レシステンシアをマークした馬たちが直線脚が鈍くなったところをズバッと差してくるという妄想が頭をもたげてきました。

馬券は馬連とワイド
 馬連 5−8  1.000円
 ワイド 5−8  2.000円
 3連単フォーメーション
 8 , 11 → 8 , 11 , 5 →8 , 11 , 5 , 3 , 15
    100円✕12点=1.200円
       計4.200円

 一方、中山では京成杯オータムH芝1600m戦です。

 注目はG1朝日杯の覇者グレナディアガーズです。川田鞍上とあって人気が集中しています。

 目移りするメンバーですが、素人の私には底しれぬ魅力的な馬がいます。

 12番カレンシュトラウスです。目下3連勝中の馬で9戦して全て3着以内に来ています。重賞は今回が初挑戦です。

 重賞しか買っていないのでこの馬のことを余り知らなかったのですが、デビューは遅く3歳の3月の未勝利戦からのスタートだったんですね。

 台頭してきたのは3歳秋からでここ3戦の1着時はいずれも上がり最速の脚を使っています。お母さんのアグネスワルツもスピードに溢れた馬でした。

 映像を再生してこの馬のレースをチェックしていたのですが、前々走の2勝クラスはゾクゾクするような強さでした。

 直線半ばで仕掛けるとあっという間に差を広げて独走のゴール。下級クラスとはいえこういう衝撃的な走りをした馬は重賞でも必ず通用すると思いました。

 当日午前は6人気で単勝オッズは9倍前後です。

 相手は一応グレナディアガーズと肩入れしているカラテです。

 馬券は
 単勝12番 2000円
 馬連 12〜 1 , 10
   500円✕2点=1.000円
 3連複
 12 〜 1 , 10 〜
1 , 10 , 2 , 4 , 5 , 7 , 9 ,11 , 13 , 14 , 15 , 16
   100円✕21点=2100円
        計5.100円
   2レース合計9.300円
 
 2021年収支
  購入金額447.600円
  払い戻し292.290円
 2020年収支
  購入金額652,000円
  払い戻し612,120円
 2019年収支 
  購入金額567,000円
  払い戻し764,780円
 2018年収支
  購入金額478,400円
  払い戻し448,850円
 2017年収支
  購入金額506,100円
  払い戻し323.430円 

紫苑S メイサウザンアワー 自信あり!!? 相手には10番以下をズラリ並べました・・・

 サマーシリーズ戦も残っていますが、今週末からは一応秋競馬の始まりです。

 負け続けてますが、アレコレ泣き言なしに秋からは攻めていきたいと思っています。

 土曜日は紫苑ステークス芝2000m内回り、18頭フルゲート戦です。

 このレースは重賞に格上げされてから5年、勝ち馬の中にはディアドラ(17年)やノームコア(18年)またヴィブロス(16年2着)カレンブーケドール(19年3着)そうそうたる顔ぶれがレースを盛り上げてくれました。

 今年は確たる軸馬が不在で超難解の混戦に映ります。

 2戦2勝のエクランドール、鞍上ルメールということで1人気ですが、まだ1勝クラスを勝ったばかりです。

 桜花賞3着のファインルージュもオークスは11着と崩れました。
 上位2頭とも軸にするには不安があります。

 このレース、自信を持って買いたい馬がいます。
 8番メイサウザンアワーです。
 赤松賞ではアカイトリノムスメの2着、フローラSでは4着も3着ユーバーレーベンとはハナ差でした。

 クラシックの上位馬と互角に近い走りを見せています。
 この馬はスタートが抜群なので、楽に位置を取ることが出来ます。
 
 馬券内の確率は相当高いと思いますが、誰しも考えることは同じで3人気、ひょっとすれば2人気まで伸びるかも知れません。

 相手には
▲16番クリーンスイープ
 4戦で1着2回、2着1回とオール連対でカーネーションCではメイサウザンアワーの2着、当然買わないといけません。
凄い血統馬ですよ!
▲13番ハギノピリナ
 オークス3着なのに13倍前後も付きます。追い込み脚質が嫌われているようです。開幕週でも押さえます。
▲2番トウシンモンブラン
 ここ3戦でぐっと差し脚に磨きがかかりました。人気も13人気あたりです。
▲3番ミスフィガロ
 下級クラスですが2000を連勝してきたディープ産駒の上がり馬です。12人気ならオッズ的にも相手には入れましょう。
▲14番ホウオウイクセル
 重賞で1着と2着があるのに9人気あたりと人気を落としていますが、フラワーC1着時の3着はユーバーレーベンなんですよ。この実績は無視できません。

 馬券はメイサウザンアワーから
馬連 8 〜 2 , 3 , 13 , 14 , 16
    400円✕5点=2.000円
ワイド8 〜2 , 3 , 13 , 14 , 16
    600円✕5点=3,000円
3連複フォーメーション
8〜2 , 13 ,16 〜
 1 , 2 , 3 , 4 ,10 , 13 , 14 , 16 , 18
    100円✕21点=2.100円
      合計7.100円


 2021年収支
  購入金額440.500円
  払い戻し292.290円
 2020年収支
  購入金額652,000円
  払い戻し612,120円
 2019年収支 
  購入金額567,000円
  払い戻し764,780円
 2018年収支
  購入金額478,400円
  払い戻し448,850円
 2017年収支
  購入金額506,100円
  払い戻し323.430円 

新潟記念 斤量重視でパルティアーモ、クラヴェルの牝馬に大穴エフェクトオン  小倉2歳S オッズが美味しいのはソリッドグロウだが・・

 土曜日の札幌2歳Sはルメール騎乗の1人気ジオグリフが最後方からまくって4馬身差をつける派手なパフォーマンスでモノの違いを見せつけました。

 私の◎トップキャストはブログの表題通り走破時計に騙されました。
 タイムは信用してはいけないと分かっていたんですよ。
 毎回毎回、やってはいけない馬券の鉄則を破っては反省の繰り返しです。

 よくもまあ負け続けるもんです。年内全てハズレが現実のものとなりそうです。

 日曜は新潟と小倉で夏競馬最後の重賞が組まれています。

 新潟記念2000m外回りは17頭参戦で混戦模様です。
 格上とみられる2番ザダルと17 番トーセンスーリヤの斤量がギベオンと共に57.5キロが課せられました。
 枠も2頭ともやや心配です。

 このレースは牝馬に縁がありませんが、今年は魅力的な牝馬が出走して来ました。
ハンデを考えると十分にチャンスありと思うのですよ。

▲6番パルティアーモ
 2200m以上をよく使われており、新潟2000の外回りにも実績があります。6歳牝馬ですが、昨年以降はほぼ馬券内の堅実さが光ります。
▲13番クラヴェル
 パルティアーモと同じ52キロは何とも有利です。重賞で2着、3着と直線の脚は目を見張ります。
▲14番エフェクトオン
 3勝クラスをようやく勝ったばかりの5歳牡馬です。オッズが魅力です。1着の前走では後に小倉記念を勝ったモズナガレボシを5着に退けています。
 
 馬券は馬連フォーメーション
6 , 13 , 14 〜 2 , 6 , 13 , 14 , 17
  300円✕9点=2.700円
 3連複ボックス
 2 , 6 , 9 , 13 , 14 , 15 , 17
  100円✕35点=3.500円
      計6.200円

 小倉2歳ステークス1200mは10頭の少頭数の戦いです。

 3番ショウナンマッハが少し抜けた人気となっています。逃げて突き放した余裕のレースっぷりが評価されていますね。

 2人気は4番インプロバイザー。この馬デビュー戦で後方から差して2着、2戦目は番手から抜け出しての押しきりと自在性は確かなようです。

 函館で7馬身もちぎったソリッドグロウはもっと人気すると思っていましたが、6番人気あたりでオッズも9倍ほどつきます。

 未勝利で参戦のデュガ、1400から距離短縮のブレスレスリーにも注目しています。

 馬券は3連単フォーメーション
2 , 3 , 4 → 2 , 3 , 4 → 2 , 3 , 4 , 5 , 8
   100円✕18点=1.800円
2 , 4 → 3 , 4 , 5 →2 , 3 , 4 , 5 , 8
   100円✕15点=1.500円
       計3.300円
      合計9.500円
 

 2021年収支
  購入金額431.000円
  払い戻し292.290円
 2020年収支
  購入金額652,000円
  払い戻し612,120円
 2019年収支 
  購入金額567,000円
  払い戻し764,780円
 2018年収支
  購入金額478,400円
  払い戻し448,850円
 2017年収支
  購入金額506,100円
  払い戻し323.430円 

札幌2歳S トップキャスト 前走時計に騙されて・・

 キーンランドカップも3歳牝馬レイハリアが制しました。もう1頭の1人気メイケイエールは7着と崩れました。

 G1馬8歳の9人気セイウンコウセイが3着に激走して波乱を呼びました。
 3連複でも6万5千円もつきました。
 
レイハリア1頭軸でも買ったのに外枠に固執してしまいました。
セイウンコウセイは高松宮記念でお世話になった馬だし、2着エイティーンガールは昨年の覇者、買わなきゃ!

 どうにもこうにも、うまく行きません。

 土曜日は札幌2歳S芝1800mです。
昨年のこのレースを勝ったソダシはその後桜花賞と先日の札幌記念を快勝しました。
 2着のユーバーレーベンもオークスを制しました。

 今年も逸材がいるのかも知れません。

 午前10時過ぎの時点でルメールのジオグリフが2.7倍。横山武のリューベック4.3倍、団野のトップキャスト4.4倍と上位3頭に人気が集中しています。

 レースの走破時計はあまり信用しないのですが、トップキャストの函館1800の1.48.5はべらぼうに速いタイムです。
1週前のリューベックは同じ函館で1.51.4なんですよ。

 この比較でトップキャストがリューベックより強いと単純に考えるのはド素人なんでしょうが、、。

 ジオクリフは6月に東京の1800で好位からラスト上々の脚で能力を発揮しました。洋芝の適性はどうなんでしょうか。

 本命はダイワメジャー産駒のトップキャスト、贔屓の団野が鞍上というのも応援したくなります。

 他ではアスクワイルドモア、前走窮屈なところから割って伸びてきた末脚に見どころありです。

 エーティーマクフィ、距離を一気に延ばした前走で後方からコンマ1秒差の2着。

 トーセンヴァンノ、上記エーティーに競り勝ったコスモス賞を一応評価。

馬券は3連複軸1頭流し
2 〜 1 , 4 , 7 , 9 , 10
 200円✕10点=2.000円
3連単フォーメーション
2 →7 , 9 → 1 , 4 , 7 , 9 ,10
100円✕8点=800円
2→1 , 4 , 7 , 9 , 10 →7 , 9
  100円✕8点=800円
      合計3.600円
 
 2021年収支
  購入金額427.400円
  払い戻し292.290円
 2020年収支
  購入金額652,000円
  払い戻し612,120円
 2019年収支 
  購入金額567,000円
  払い戻し764,780円
 2018年収支
  購入金額478,400円
  払い戻し448,850円
 2017年収支
  購入金額506,100円
  払い戻し323.430円 

キーンランドC 狙いは外枠だ! ダイアトニック 久々も単勝10倍つくなら・・  新潟2歳S アライバル ルメールが北海道を離れるほどの馬らしい・・?

 先週の札幌記念は白馬の桜花賞馬ソダシ、北九州記念熊本県産馬ヨカヨカと3歳牝馬がそれぞれ優勝しました。

 こういった話題性に富んだ注目馬って、馬券のキャリアを積んだ人間にとっては軸にしにくいんですよね。

 プロの予想家も人気先行型の馬にはなかなか本命印を打ちにくいものです。
 
 それでもソダシがラヴズオンリーユーに完勝するとは予想だにしませんでした。
 我ながらだめですねえ。

 今週はG3が2つ、札幌ではキーンランドカップ芝1200戦です。

 このレースも3歳牝馬が人気の中心となっています。
 メイケイエールは1200.1400.1600で重賞勝ちがありますが、気性難で桜花賞は最下位に沈んだこともあって久々にスプリント戦に活路を求めました。

 鞍上も武豊に戻って単勝オッズは3倍を切るほどの人気です。圧勝もありそうですが、どうにも安心できません。

 2人気にも3歳牝馬のレイハリアです。負担重量はメイケイより1キロ軽い51キロ、現在3連勝中と勢いは一番です。葵ステークスではヨカヨカに勝っており、単勝オッズは4倍台。

 本来ならばダイアトニックが実力最右翼なんですが、惨敗が続いたあとの11ヶ月ぶりの出走です。様子見が正解かもしれませんが、単勝オッズが10倍近くなら黙って1枚は買いたいですね。

 今回は外枠中心で組み立てたいと思います。
 3連複軸1頭流し(レイハリア)
12 〜 5 , 11 , 13 , 14 , 15 , 16
  100円✕15点=1.500円
 3連複軸1頭流し(ダイアトニック)
13 〜 5 , 11 , 12 , 14 , 15 , 16
  100円✕15点=1.500円
 単勝13番 1.000円
      計4.000円

 一方の新潟2歳S、1600m戦です。
 ざっとVTRを見ましたが、1着時の走りはどの馬も強そう見えるんですよね。

 ここは大好きな北海道から乗りに来たルメールの感触を信頼しましょうか。

 3連複軸1頭流し
 8 〜 1 , 3 , 5 , 6 , 7
  200円✕10点=2.000円
3連単フォーメーション
 8 → 1 , 3 , 5 , 6 , 7 →1 ,5, 7
   100円✕12点=1.200円
       計3.200円
   2レース合計7.200円


 2021年収支
  購入金額420.200円
  払い戻し290.590円
 2020年収支
  購入金額652,000円
  払い戻し612,120円
 2019年収支 
  購入金額567,000円
  払い戻し764,780円
 2018年収支
  購入金額478,400円
  払い戻し448,850円
 2017年収支
  購入金額506,100円
  払い戻し323.430円