読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

2歳牝馬決戦 ルメールのメジャーエンブレムが断然人気!

 サンビスタのびっくりぽんの衝撃(個人的にはショック)を残したまま、G1 当日を迎えました。

 2歳牝馬のNo 1を決める阪神ジュベナイルフィリーズ、次週の朝日杯とともに未だにレース名が覚えられません。という方も多いのではないでしょうか。

 さて人気の方はルメール騎手騎乗のメジャーエンブレムが断然の支持を集めています。
今度はルメールがすんなり勝ってしまうのでしょうか。
  
 今年春からのデムーロルメール両騎手の快進撃は師走に入っても止まりません。
 昨日のチャレンジカップもはかったような、ワンツー決着でした。
 デムーロ騎手はG1 三つを含む重賞勝ちが9つ、
ルメール騎手もG1 は無いものの重賞を8つ勝っています。

 今回、メジャーエンブレムの前評判はすこぶる高いですね。
 戦績も良くて、枠も絶好ならまずは軸になりそうですね。

 メンバー18頭のうち、正直知らない馬の方が多いので、正攻法の予想は出来そうにもありません。
 こういうレースは応援レースに徹したいと思います。
 私の場合、まだG1 勝ちのない騎手の中から5枠の2頭をピックアップしました。
 三浦騎手のアットザシーサイドは1400m を連勝、マイルの経験はありませんが末脚は非凡のようです。
 古川騎手のペプチドサプルは5分の1の抽選をクリアした運の強さに乗っかります。この馬の末脚も相当と見ています。

 馬券の方は人気のエンブレム、シーサイド、ペプチドの馬単ボックスとワイドの希望馬券を買います。
 エンブレムを破ったデンコウアンジュもやっぱり恐いので、少し足してみようかな。
(そう簡単には的中できないかな?)

 かつてはこのレースから06年ウオッカ、08年ブエナビスタ、09年アパパネと名牝が続々誕生しています。

 スターへの階段を一段踏み上る馬はどの馬になるのでしょうか。