馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

アメリカJCC フィエールマン軸、倒すとすればジェネラーレウーノかサクラアンプルール 東海S インティ 新星誕生を応援!

 1週遅れでスタートしたルメールデムーロがともに早や重賞を手にしました。

 私はと言えば、堅く収まった日経新春杯がなんとか的中し、本年初当たりでホッとしました。

 昨年の菊花賞馬フィエールマンが中山のアメリカJCCに出走します。
 前年の3歳クラシック馬がこのレースに参戦するのは1999年のスペシャルウィーク以来だそうです。

 デビューから4戦目、史上最少のキャリアで菊花賞を制したフィエールマンが早くも始動ということで注目を集めています。
 しかしながら、馬券的にはあまり食指が動きません。

 前夜遅い時点でルメール騎乗フィエールマンの単勝オッズ1,8倍、同じく4歳のジェネラーレウーノが3,1倍と2頭に人気がかぶっています。

 ジェネラーレウーノはセントライト記念京成杯など中山で4戦3勝、3着1回、その3着も皐月賞ですから中山は得意中の得意です。

 他では昨年AJCCの優勝馬ダンビュライトが7,1倍、4人気以下は随分と離れています。

 11 頭という落ち着いた頭数で人気が片寄ったこんなレースはいったいどう買えばいいのでしょうか。下手すればトリガミになりそうやしね。

 ジェネラーレウーノは負ける時は大敗しますが、中山だけに無様なレースはしないだろうし、フィエールマンが馬券内を外すことはないでしょう。
 2頭以外では3人気のダンビュライトよりも4人気サクラアンプルールの方かな。ここ2戦のG1でも大きく負けていないし、8歳という高齢でオッズが上がって配当的に妙味がありそうな気がするのですが、、。

 馬券は3連単
 4〜 1 , 11〜1 , 11 , 5
    400円✕4点=1,600円
 4〜 1 , 11〜6 , 7 , 9
    200円✕6点=1,200円
 1 , 11〜 4 〜1 , 11 , 5
    200円✕4点= 800円
 1 . 11〜 4 〜6 , 7 , 9
    100円✕6点= 600円

       計4,200円

 一方、フィエールマン以上に売れているのが東海Sの5歳牡馬インティです。
 単勝オッズは1,6倍前後と圧倒しています。デビュー戦は9着と大負けを食らいましたが、2戦目の未勝利戦から前走の1600万まで5連勝中です。その内容が圧巻で、2着との着差が5戦で計30馬身もあります。前走は番手でしたが、それまでの4走は全て逃げ、特筆すべきは5戦とも上がり最速、だから毎回ぶっちぎりなんですね。

 さて、この勢いで6連勝を達成してフェブラリーSでも有力候補になれるかですね。

 今回の相手はルヴァンスレーヴ世代の強い4歳勢からチュウワウイザードやスマハマ、チャンピオンズCても牡馬相手に4着と見せ場を作ったアンジュデジールら骨っぽい馬もいます。ここを通過出来れば本物です。新星誕生を待ちましょう。ワクワクするじゃないですか。

 馬券はインティ中心で3連複1頭流し
 先に挙げた3頭に一線級相手にもまれてきたグレンツェントアスカノロマンを加えました。

 3連複1頭流し
  4 〜 1 , 2 , 3 , 5 , 7
    200円✕10点=2,000円

  2レース合計6,200円
 

 2019年収支
  購入金額18,000円
  払い戻し18,080円

 2018年収支
  購入金額478,400円
  払い戻し448,850円

 2017年収支
  購入金額506,100円
  払い戻し323,430円

日経新春杯 グローリーヴェイズを一応信用するが、ルックトゥワイスも完成されてきた!

 ルメールデムーロが今週から参戦、土曜日は2人とも中山でしたが、揃って未勝利に終わりました。こんな日もあるのですね。

 3日間開催の日曜日は日経新春杯G2です。
 古馬のトップ級は不在ですが、もう一段階上へ飛躍を期す馬たちが揃いました。

 人気の中心は明け4歳グローリーヴェイスで前夜の11時過ぎの時点の単勝オッズは3,1倍となっています。セールスポイントは菊花賞5着の実績です。大外18番ゲートから外を回らされたのに上がり最速の脚を繰り出しました。

 フィエールマンやエタリオウを上回っていたんや。4着のブラストワンピースが有馬記念を制したこともこの馬の評価を高めています。

 鞍上には先月G1ラッシュのMデムーロを起用、さらに1枠2番と願ってもない絶好枠と条件が揃った感があります。

 好材料を並べてからあれなんですが、グローリーヴェイスに対して全幅の信頼とまではいかないのです。 

 菊花賞の走りは認めるとしても、それまでにこの馬に対しての印象が薄いのです。きさらぎ賞の2着がありますが、クラシックにつながるレースではなかったし、京都新聞杯はステイフーリッシュにコンマ4秒差の4着でした。だから菊花賞も12人気やったしね。

 もちろん夏を境に力をつけたというのはあるかも知れませんけど。
 それでも3着は外さないとは思うけど。

 ちょっと長く述べすぎました。
 2人気はムイトオブリガードで4,5倍、こちらもかなり売れています。
 オッズ的にはグローリーヴェイズvsムイトオブリガードの図式となっています。
 
 阪神大賞典に出た時はまだまだ家賃が高いと感じましたが、その後に本格化して1000万から3連勝して頭角を現しました。
 前走のアルゼンチン共和国杯はパフォーマプロミスに迫る2着と重賞級のラストの脚をみせました。

 ただ人気は頷けますが、大外16番はいくら川田でも苦労しそうです。

 3人気にメイショウテッコン、今回は武豊が手綱をとります。
 ワグネリアンやエタリオウと接戦した神戸新聞杯を再現出来れば頭まで狙えます。
 他にも前に行きたい馬が多いのが気がかりです。

 シュペルミエールとアフリカンゴールド、ルックトゥワイスが8倍台で拮抗しています。

 シュペルミエールは故障で1年8ヶ月も休んで復帰、今回と同じ2400m で2着、1着して久々の重賞レースに臨みます。
 こういう馬は応援せずにおれませんが、ここ2戦は少頭数のレースでしたし、相手も骨っぽくなるのがどうでしょうか。

 アフリカンゴールドは名前のインパクトからいかにも強そうなイメージがあります。菊花賞時も一票投じましたが、なかなか自分のレースをさせてもらえませんでした。
 今回の距離には実績はあるのですが。

 ルックトゥワイスは重賞を取れる馬と思っています。前走はトップハンデでこれまでの勝ち味の遅さを吹っ切るような完勝ぶりでした。買いたい馬です。
 不可解なのは前々走アルゼンチン共和国杯の大敗です。なんであんなに負けたんやろ。
 昨年のリーディング1位藤原英厩舎の勢いで新春のこのレースを制するかも。

 上位6頭をみてきましたが、どう馬券を買うかですね。
 明け4歳が強い傾向だけにまずはグローリーヴェイズ、そして岩田鞍上となったルックトゥワイス、この2頭を軸に組み立てました。相手は一応上位勢プラス大穴に軽ハンデの2頭を加えました。

 3連複軸1頭流し
 2〜 3 , 4 , 5 , 6 , 10 , 12 , 16
   100円✕21点=2,100円

 10〜 2 , 3 , 4 , 5 , 6 , 12 , 16
   100円✕21点=2,100円

 枠連 1ー5  1,000円
    1ー3  500円
    3ー5  500円
    5ー8  500円
  
  単勝 10番 500円

     合計7,200円

 開幕週は3重賞がまるで歯が立たなかったので、とにかく初当たりが欲しい!!
 

  2019年収支
   購入金額10,800円
   払い戻し   0円

  2018年収支
   購入金額478.400円
   払い戻し448,850円

  2017年収支
   購入金額506,100円
   払い戻し323.430円

シンザン記念 願望と勘だけですが7枠の2頭に 羽ばたけ!ミッキーブリランテ パッシングスルー

 東西とも金杯の馬券は散々でした。
 京都が12➡15 中山が11➡15
 どこが内枠有利やねん。いつものスカタンな見立てでした。
 3連単は京都が9万8千円、中山は21万超と波乱の結果でした。うーん。

 予想の段階で当たらない気がしたので、額を抑えていたのがせめてもの救いです。
 
 日曜はシンザン記念です。シンザン東京オリンピックの年に史上2頭目3冠馬となり、翌年に天皇賞秋と有馬記念を制しました。19戦15勝、2着4回という偉大な5冠馬を称えるレースです。
 
 ご存知のように、アーモンドアイは昨年のこのレースを制してから牝馬3冠、ジャパンCと一気に頂点に立ちました。毎年のようにここから後のG1馬が誕生する出世レースです。

 今年も粒よりのメンバーが揃いました。この中からクラシックへ羽ばたく馬はどの馬なのでしょうか。
 キャリアが浅いだけに宝石を探すのは至難の技です。印も記者によってかなりバラけています。

 当日午前10時の時点で関東馬のアントリューズが3,4倍とやや抜けた支持を集めています。ロードカナロア産駒に加え、土曜の京都金杯をパクスアメリカーナで制した川田鞍上というのも大きいでしょう。ルメールデムーロが休んでいるだけにね。

 2番人気以下が拮抗しています。ミッキーブリランテが5,7倍、ヴァルディゼールが5,8倍、ハッピーアワーが6,0倍で続きます。

 5人気がパッシングスルー7,2倍、6人気にドナウデルタ8,2倍いずれも牝馬です。
 人気は上記6頭までで後はグンと離されています。

 6頭から勝ち馬が出ると思いますが、私の力では軸の選出は迷うばかりです。
 ロードカナロア産駒のアントリューズとヴァルディゼールは強そうやけどなあ。枠もええとこやし。

 ドタ勘と願望で2頭を選びました。1頭はミッキーブリランテ、この馬の勝ち方も相当なものに映りました。何よりも坂井にとっては重賞取りの大チャンスです。瑠星という名前がこのレースのイメージにピッタリです。応援しますよ。

 もう1頭は新馬戦で大外から伸びた牝馬パッシングスルー、アーモンドアイのイメージです。これは大物かも知れません。関東馬に池添 ブラストワンピースと同じです。

 馬券は7枠2頭中心で
 まずは馬連
  10〜2 , 5 , 9
   9〜2 , 5 , 10
     500円✕6点=3,000円

 3連単フォーメーション
 9 , 10 〜 9 , 10 , 2 , 5 〜 9 , 10 , 2 , 5 , 1 , 3
     100円✕24点=2,400円

       合計5,400円

 
 2019年収支
  購入金額5,400円
  払い戻し 0円

 2018年収支
  購入金額478,400円
  払い戻し448,850円

 2017年収支
  購入金額506,100円
  払い戻し323,430円
 

 

2019年スタート  まずは金杯で腕試し! 京都は強い4歳勢中心 穴ならアドマイヤアルバ  中山は内枠をボックスで 

 新たな気持ちで新年のスタートです。
 今年はどんなドラマが生まれるのでしょうか。そして私の目標としては下手まるだしのスカタン馬券を少しでも減らすことが出来ればと思っています。 

 昨年は武豊の4000勝やオジュウチョウサン有馬記念挑戦、ルメールの年間215勝の新記録など話題に富んだ年でした。

 個人的にランキング付けすれば
1位 神がかり的ルメール4週連続G1勝利
2位 モレイラ騎手試験不合格
3位 アーモンドアイの衝撃
4位 外国人騎手10週連続G1勝ち
5位 3歳勢がG1で古馬を続々撃破
番外 トップ級調教師が酒気帯び運転で逮捕

 順位は人それぞれでしょうが、昨年はルメールが主役の年でした。影が薄かったMデムーロも12月はG1を3勝に東京大賞典と爆発して最後に存在感を示しました。また短期間で勝ち星を量産したモレイラも凄みがありました。
 外国人騎手にやられっぱなしだった日本人騎手では川田と藤岡佑の健闘が光っていたように思います。

 さて5日は金杯です。ホープフルSが28日だったので日程に切れ目がないというか、待ちに待った感があまりありませんね。
 金杯は縁起担ぎのレースでもあるので午後からでも淀の競馬場へ行ってみようかな。

 京都金杯は当日午前10時の時点で川田のパクスアメリカーナが2,4倍と支持を集めています。2人気には53キロの牝馬サラキアが4,9倍、次いでマイルCS4着のカツジが6,7倍となっています。上位3頭は強い明け4歳世代が占めています。

 昨年末の傾向から見ても4歳勢を中心に馬券を組み立てようと思います。その4歳馬で7人気のアドマイヤアルバも穴で面白いのではないでしょうか。ダービーの上がり最速、マイルの実績に注目しましたが、、。

 サラキアは出遅れ癖、カツジはムラ駆け、4人気7歳グァンチャーレは56,5キロが少し気になります。

 古馬勢も走ってもおかしくない馬が数頭いるので手広く押さえたいところです。

 馬券は3連複フォーメーション
 1列目にはパクスとアドマイヤにします。
 3連複
 6,12 〜6, 12, 2, 3, 4〜6, 12, 2, 3, 4 , 8, 10, 17
    100円✕30点=3,000円

 一方、中山金杯は内枠が有利とみてボックスを買ってみます。
  馬単ボックス
    1 , 4 , 6 , 8
    200円✕12点=2,400円
  
   2レース合計5,400円


 2018年収支
  購入金額478,400円
  払い戻し448,850円

 2017年収支
  購入金額506,100円
  払い戻し323,430円
 

ホープフルS 一応、サートゥルナーリアを信用したが、、相手は正直分かりません

 有馬記念は夢を託した2頭のうちのブラストワンピースが池添の攻めの騎乗で勝利してくれました。
 アーモンドアイ、ルヴァンスレーヴ、ステルヴィオ、ブラストワンピースと古馬混合レースでの3歳馬の強さが際立ちました。

 我が馬券、惜しむらくは外枠に入ったシュヴァルグランを軽視して3連単を取り逃がしたことです。まだまだ見立てが甘いようです。

 さて28日はおまけのようなG1ホープフルSです。
 この時期の2歳戦は走ったレース数も少なく、各馬の優劣がはっきりせず手探りの予想となります。
 
 そんな中、Mデムーロのサートゥルナーリアが当日10時過ぎの時点で単勝オッズ1,8倍と断然の人気となっています。2人気が東スポ杯を制したニシノデイジーの7,0倍ですから完全な1強ムードです。

 サートゥルナーリア、何という覚えにくい名前なんやろ。
 まだ2戦のキャリアで重賞勝ちもありませんが、余裕のある勝ちっぷりは大物感たっぷりです。

 母があのシーザリオに父が今年のトレンドのロードカナロアですから、血統的にはスター候補と言っていいでしょう。
 一応、信用していいかな?

 対抗勢力はよく分かりません。上位人気馬プラス人気薄、トリガミ覚悟です。
 
 馬連で手広く
 5〜 1 , 2 , 4 , 8 , 9 , 11 , 12 , 13
   500円✕8点=4,000円
 
 ワイドで人気薄 を配当狙いだけ
 5 〜 4 , 9 , 12 , 13
   500円✕4点=2,000円

   合計6,000円



 2018年収支
  購入金額472,400円
  払い戻し445,650円

 2017年収支
  購入金額506,100円
  払い戻し323,430円
 

 
 

 

池添謙一 「大舞台男」の本領発揮!平成最後の有馬記念を制す

 「ずっとこの馬(ブラストワンピース)はG1を取れると言い続けてダービー、菊花賞と結果を出せなくて、やっとそれを証明することができて本当に嬉しいです」ファンの前で満面の笑みを浮かべて語る池添騎手。

 このレースに懸けた彼の一言一言が胸を打つ。大一番はレース内容と優勝インタビューがセットになってこそ脳裏に焼き付く。

 それにしても池添というジョッキーは大舞台で無類の強さを発揮する。
 勝ち星をバンバン積み重ねるタイプではない。騎手リーディングでも上位に名を連ねることはない。
 だのにG1はこれで24勝目、有馬は単独最多の4勝を誇る。
2009年 ドリームジャーニー
2011年 オルフェーヴル
2013年 オルフェーヴル
2018年 ブラストワンピース
 有馬は10回参戦して4勝だから恐れ入る。
 宝塚記念でも3勝、ドリームレース通算7勝は武豊騎手と並ぶ最多だそうだ。
 

 外国人騎手が席巻する昨今、ここぞという時は日本人騎手としての存在感を示している。

 2017年は桜花賞レーヌミノル、2016年オークスシンハライト、2015年ジャパンCショウナンパンドラと大レースで結果を出している。

 池添はオルフェーヴルに代表されるようにこれまでに数々の名馬と巡り合ってきた。ドリームジャーニーデュランダルスイープトウショウ。他の日本人騎手が羨むぐらい。

 今回のブラストワンピースは関東の大竹厩舎の管理馬で、デビューからずっと乗っている。大竹正博調教師は開業10年目、23度目の挑戦で初のG1制覇だ。

 ブラストワンピースがデビューする前の昨年夏に大竹師は「俺のG1初勝利はお前のような気がする」と池添騎手に向かって話したという。池添騎手も「僕もそんな気がする」と返したそうだ。

 東西のコンビが有馬という大舞台でそれを実現した。


 今年の有馬も私にとって忘れがたいレースとなった。
 
 

有馬記念 主役レイデオロと夢を託すブラストワンピース、ミッキースワロー中心に組み立てました!

 中山競馬場の馬場状態は芝コース良と発表されています。

 午前9時半の時点の単勝オッズはルメールレイデオロが2,5倍と予想通り1人気です。断トツに支持を集めていますが、2倍を切るほどではありません。
 続いてキセキが6,5倍、アーモンドアイの驚異のレコードを引き出したジャパンカップの先行力と粘りがやはり評価されています。枠が外になったのと秋から4走目の疲れは心配ですが、日本人騎手で今最も頼りになる川田への期待は大きいようです。

 前日2人気だったオジュウチョウサンが3人気の7,2倍、話題性がある馬だけに単勝はよく売れています。この馬の参戦は勝ち負けとは別にレースを一段と盛り上げます。

 好枠を引いた牝馬モズカッチャンが4人気の9,0倍、私が夢を託すブラストワンピースが9,5倍とそれなりの人気ですね。

 もう1頭の夢馬のミッキースワローは26,4倍と人気薄のままです。

 一昨年の有馬記念を制したサトノダイヤモンドが15,8倍、同世代のライバルでダービー馬のマカヒキは35,8、消長の激しいサラブレッドの世界を示すオッズとなっています。
 近走からみて両馬とも復活は厳しいように思われます。

 昨年のジャパンカップ優勝、有馬3着のシュヴァルグランはボウマンが騎乗も22,6倍と人気を落としています。今年の宝塚記念馬のミッキーロケットも20,5倍ですから、実績馬より好調馬にファンの支持は流れているようです。

 さて馬券です。有馬記念ということでいろんな券種を考えました。

 主役のレイデオロとブラストワンピース、ミッキースワローの3頭を中心に組み立てました。それにキセキ、モズカッチャン、パフォーマプロミスを加えました。
 さてどうなることやら、、。

 馬単ボックス
   8 , 10, 12
    300円✕6点=1,800円

 ワイドボックス
   8 , 10 , 12
    1,000円✕3点=3,000円

 3連複軸1頭流し
  12〜 3 , 5 , 8 , 10 , 14
    200円✕10点=2,000円

 3連単フォーメーション
 8,10,12 〜8,10,12〜8,10,12,3,5,14
    100円✕24点=2,400円
 8,10,12〜8,10,12,3,5,14〜8,10,12
    100円✕24点=2,400円

 単勝8番1,500円
   10番1,000円

    合計14,100円

 2018年収支
  購入金額458,300円
  払い戻し420,500円

 2017年収支
  購入金額506,100円
  払い戻し323,430円