馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

なんて奴だ!デムーロは  

 エリザベス女王杯もまたM・デムーロにしてやられました。
 G1に滅法強いデムーロに少し触れてみました。

 M・デムーロ騎乗の5人気3歳のモズカッチャンは粘るクロコスミアをゴール寸前にとらえG1三度目の挑戦で栄冠に輝きました。それにしてもルメールが追うと信じられないほど伸びますね、毎度毎度。
 2着のクロコスミアの鞍上はオークスでモズカッチャンの手綱をとった和田でした。
 
 騎乗替わりの悔しさをローズSでは8人気のラビットランで優勝、今回も9人気のクロコスミアでクビ差及ばずも和田の健闘ぶりも称賛に値します。

 我が本命のミッキークイーンも直線ただ1頭大外から伸びてきましたが、僅かに届かずの3着でした。左前の靭帯の痛みによるぶっつけ本番が不安視されてましたが、さすがの走りでした。
 ミッキーは頑張ってくれたのに3連複も外しました、、。情けない予想で日曜の夜は風がことさら身にしみました。辛いのう。
 断然人気のヴィブロスは外枠と距離に泣いたようです。
 ルージュバックはムーアが乗っても全く見せ場すらありませんでした。これも外枠なのか、牝馬相手が敗因なのか。

 さて標題のデムーロの話に戻ります。
 M・デムーロは今年のG1勝ちがこれで5回、重賞は16勝目となりました。
 とりわけG1レースは滅法強いですね。
 オークスからこれで9戦連続して3着以内を続けでいます。
 余談ですか、複勝を買い続けていたら、1,000円が150万円以上になるとか。

 デムーロルメールがJRAに来てから競馬を取り巻く風景もすっかり変わりました。
 目下、166勝で騎手リーディングのトップを走るルメールは連対率が0,402 3着以内が0,534
151勝のデムーロは連対率0,410 3着以内0,529
どちらも2回に1回以上は馬券に絡むということになります。

 安定感はルメールというイメージを持っていましたが2人の数字はほ並んでいますね。

 エリザベス女王杯を制したM・デムーロですが、この土日の成績は興味深いものがあります。

 土曜日の着順は
  2R 2着(1人)
  3R 3着(1人)
  4R 6着(2人)
  5R 12着(1人)
  6R 5着(1人)
  7R 2着(2人)
  9R 9着(4人)
  10R 6着(1人)
  11R 中止(2人)
  12R 除外
 日曜日
  4R 7着(2人)
  9R 10着(2人)
  11R 1着(5人)エリザベス女王杯
  12R 7着(5人)

   
 ご覧のようにM・デムーロはこの土日は乗れてないというより、彼にしては最悪に近いものでした。
1人気が5頭、2人気も5頭いましたが1つも勝てませんでした。2日間で勝利は一つだけ、それがG1エリザベス女王杯。これこそデムーロの真骨頂なんですよね。G1になると神がかり的な騎乗になるのです。
 
 2日間の敗戦の中には大外を回して失速するレースもありました。今年のエリザベスは外は伸びないというのを彼は十二分に掌握したでしょう。今回の有力馬は揃って差し馬です。負けたレースからモズカッチャン勝利へのポイントもはっきり浮かんできたことでしょう。
幸い内枠です。先行馬クロコスミアの後ろのインのポジション取りに集中したはずです。この位置さえ確保出来れば脚がたまって勝負になると。

 
 G1をこれまでに勝ちまくっているデムーロですが、デビューからG級、大物と言われて乗り続けた馬が思い浮かびません。ドゥラメンテサトノクラウンも途中からの騎乗でしたしね。
 今回のモズカッチャンもしかりです。
 
 サトノダイヤモンドメジャーエンブレムソウルスターリングレイデオロなどのルメールとは対象的です。

 このブログでは「なんて奴だ!デムーロは」と何度書いたことでしょうか。
 今年はこれで打ち止めにしてください。
 私の馬券、どれほどデムーロにやられたか。
 
  最後にもう一度
   なんて奴だ!デムーロは・・ 

エリザベス女王杯 ヴィブロスは強いけれどもミッキークイーンも黙っちゃいない!

 今週から年末までノンストップのG1戦線です。
 
 「勢い」対「格」ビッグレースでは常にこのせめぎ合いです。

 今年のエリザベス女王杯古馬の実績馬に3歳の上位馬が揃う豪華な顔ぶれとなりました。
 「格」重視の見立てで予想しました。ドバイターフで世界の強豪を退けたヴィブロス牝馬のリーダー的存在で当然のように大きな支持を集めています。しかし国内の牡馬相手のG1の実績ならミッキークイーンだって負けていません。

 2冠馬ミッキークイーンは昨年末の有馬記念が5着、今年の宝塚記念は3着と存在感を示してきました。だのに前夜の時点で5人気で単勝オッズは8,5倍前後もついています。牝馬相手のレースでミッキーがこんなにも低い評価を見るのは初めてです。
 左前靭帯を痛めてぶっつけ本番になったためなんでしょうね。
 陣営はもう大丈夫で仕上げたと話していますのでミッキーの底力を信じたいと思います。

 ずっとコンビを組んできた浜中ならなんとかしてくれるでしょう。

 相手は一応ヴィブロス、熟してさらに強くなったスマートレイアー、穴で急速に力を付けたジュールポレールにしました。

 ラストチャンスとなったルージュバックも恐いのですが、ムーアが乗ると人気過剰になるので押さえにしました。
  馬券
   単勝 10番 1,000円
   3連複フォーメーション
     10 , 16
     10 , 16 , 12 , 13
     10 , 16 , 12 , 13 , 5 , 6 , 11 , 17
       
       200✕24点=4,800円
   3連単フォーメーション
     (上に同じ)

       100✕36点=3,600円

        合計9,400円

   2017年収支
    購入金額416,200円(前回1頭取り消し)
    払い戻し249,430円

    坂道を転がっています。
    辛い週末が続いています。
    今回は仲間の意見も取り入れました。

みやこステークス 距離延長に不安もキングズガードの破壊力に託した・ゴール前で叫びたい!

天皇賞(秋)は後世に語り継がれるレースとなりましたね。
 どしゃ降りで水の浮く歴史上特異な馬場、死闘を制したキタサンブラックの底力、出遅れを救った武豊の"神騎乗"とまで評される好判断、多くの競馬ファンの胸にしっかりと刻まれました。

 キタサンブラック単勝オッズが3,1倍の1番人気でしたが、競馬記者ら専門家の評価は不思議なほど高くありませんでした。
 我が愛読の大阪スポーツの紙面では29人中、キタサンに◎本命を打ったのは僅か3人でした。もう1紙日刊ゲンダイでも同じような傾向でした。
 宝塚記念惨敗を経て、プロの予想心理はなんとなく理解できます。
 それでも多くのファンはキタサンを信頼、堂々の1番人気に支持しました。
 競馬記者という方々に対して私は常々その考察力を高く評価しています。彼らの印がなければファンの予想行為は成り立たないと思っています。
 
 そんな競馬記者に今回の天皇賞はファンが勝ったレースだったと強く感じました。
 プロであるがゆえに素人に負けたんだと。

 私はと言えば相変わらず話になりませんでした。本命にしたグレーターロンドンは想定した大外から届かずとは全く違うレースぶりでしたが、結果は大敗でした。ロンドンだったら土曜のタワーオブロンドンの方でした。
 今年も残り2ヶ月を切ったというのに先が見えない状況です。おそらく年内は全敗確定の雰囲気です。

 さて日曜は京都競馬場みやこステークスです。
 テイエムジンソクも好きなんですが、もう1頭のお手馬キングズガードを軸に狙ってみます。
 末脚の破壊力は強烈なものがあります。
 1400mだったら文句無しなのですが、1800mに対応できるかどうかがポイントです。
 
 エピカリステイエムジンソクに人気が集中しているので妙味はあると思います。放牧明けの南部杯がここに向けてのいい叩き台になって仕上がったのではないでしょうか。
 菊花賞であっと言わせた藤岡佑に期待!

 馬券はキングズガード
  単勝 12番 2,000円

 3連単テイエムジンソクとの 2頭マルチ
  12ー16〜 1 , 4 , 5 , 11 , 15
     100円✕30点 = 3,000円

 さらに3連単フォーメーション
    12 , 16
    12 , 16 , 11 , 15
    12 , 16 , 11 , 15 , 1 , 3 , 4 , 5
      100円✕ 36点 = 3,600円

        計 8,600円

     2017年収支
      購入金額 408,800円
      払い戻し 249,430円
 

 

天皇賞(秋) グレーターロンドン 後方から届かずが目に浮かぶのに買ってしまった!

 前回のブログでデムーロルメールの二人にやられっぱなしの現状を嘆いたとこでしたが、この土曜日もそれを象徴する一日でした。

 東京競馬場ではルメールが7勝の固め打ち、一方京都競馬場でもデムーロ兄弟で6勝とやりたい放題でした。
 日本の競馬はこの二人のためにあるのか!
 そう言いたくもなります。騎乗技術に加えてどん欲さも一級品です。

 さて天皇賞(秋)です。
 菊花賞同様、今週末も台風による雨です。
 高速レースは望むべくもなく、相当タフな戦いになりそうです。

 前夜の段階で1人気は武豊キタサンブラック単勝オッズはおよそ3倍となっています。
 デムーロサトノクラウンが2人気、ルメールソウルスターリングは4人気となっています。

 今週こそあの二人を阻止できるのでしょうか。

 懲りずにグレーターロンドンを買ってしまいました。無理なのは承知のうえです。
 重い馬場、スタートで遅れる追い込み脚質、おまけに2,000は未経験と条件は厳しくなっています。
 4コーナーを後方から大外を回るも届かず、が目に浮かびます。
 分かっていながらもこの馬には惹かれるものがあるのです。ディープインパクトに母がロンドンブリッジとワクワクするような血統です。
 
 鞍上の田辺も一発を狙っているはずです。
 最低16人気のコバノリッキーでフェブラリーステークス、8人気のロゴタイプ安田記念を制した意外性抜群の騎手です。
 弱かった脚のツメの状態も良くなって、今回は仕上がったようです。
 直線で声を出せるような見せ場があればいいのですが。厳しいかなやっぱり。

 △キタサンブラック
   ファンに感動を与え続け、時代を飾った名馬も宝塚のショックから立ち直れるかなあ?

 △サトノクラウン
   香港ヴァーズ宝塚記念は真に強く完成期に入った。ただ天皇賞秋は過去2年が17着と14着、騎手は超強力も。

 △リアルスティール
   毎日王冠は久々で快勝、デムーロからシュミノーへの乗り替わりがどうか。休養明けの方が走るタイプみたい。

 △ソウルスターリング
   オークスはモノが違ったが、ルメールでも古馬相手となるともう少しもまれないと。

 △サトノアラジン
   安田記念の末脚は1800でも問題なかった。渋馬場で身上の切れがそがれないか。良馬場だったら恐い馬。2000の距離についてはわからん。

 △マカヒキ
   ワンアンドオンリーのようにダービーで燃え尽きたのか。復活となると?

 △ヤマカツエース
    2,000は滅法得意も東京が合わないよう。

 △ネオリアリズム
   モーリスを寄せ付けなかった札幌記念。不気味さあるが、G1を制するにはキャラが地味。

 △ステファノス
   G1になると馬券になる馬。ただし1着のイメージは湧かない。戸崎にも今年のG1を取らせてやりたいが。

 △シャケトラ
   土曜日いきなり3勝のデムーロ弟が大外をどう乗りこなすか。宝塚記念4着の内容はひょっとしたらの感はあるが、、。

 馬券はグレーターロンドンから
  単勝  13番 1,000円

  馬連 13〜 2 , 3 , 4 , 5 , 7 , 9 , 12 , 14 , 15 , 18
       500✕ 10点= 5,000円

  馬連 13〜 2 , 3 , 4 , 7 , 12 , 14
       500✕ 6点= 3,000円

       合計 9,000円

 2017年収支
   購入金額399,800円
   払い戻し249,430円
   
  G1を的中できるなんて甘い考えはもう捨てました。万が一だけを願うのみです。

  
 

またもやデムーロか・・1番人気キセキが圧勝!私のミッキースワローは直線伸びず  

 台風が接近、一足早く我が体内は強風が吹き荒れ、ハズレ馬券を容赦なく雨が打ち続けました。

 また、またデムーロにしてやられました。なんという奴だ!

 記憶にない不良馬場で行われた菊花賞は1番人気に推されたデムーロ騎乗のキセキが直線豪快な差し脚で2馬身の差をつけて圧勝しました。
 2着に10人気のクリンチャー、ハナ差3着に13人気のポポカテペトルが入って3連単は55万9,700円と大荒れとなりました。

 こんな馬券どう予想したら取れるのでしょうか。

 私の本命ミッキースワローは直線で一瞬だけ先頭をうかがう場面はありましたが、自慢の末脚はバッタリで6着が精一杯でした。やっぱり関東馬は通用しませんでした。

 秋のG1がスタートして3戦、スプリンターズSデムーロ秋華賞ルメール菊花賞デムーロとこの2人の独壇場となっています。
 とにかくG1はこの2人のうちどちらを軸にするかを予想するだけでいいんですね。
 馬券の上手い人はきっとそうしてるんやろな。

 これだけ馬主の期待に応えてくれるんですから、今後も有力馬はますますデムーロルメールに集中しそうですね。ふんっ、、。

 それにしても今年の菊花賞はタフなレースでした。何より走破タイムが物語っています。
 3分18秒9、レースレコードが3分1秒0ですから水の浮く内側を避け各馬とも相当余分な距離を走っていたのかが分かります。

 いつも思うんですが、射程圏にとらえてからのデムーロの姿は獲物を追う猛獣のようです。
 ゴールドドリームの時もサトノクラウンの時もレッドファルクスの時もそうでした。彼が追い出すとなんであんなに伸びるのでしょうか。
 そして優勝インタビューで決まって彼の口から「レース前から自信を持っていました!」のコメントが出ます。
 もう聞きたくない! 悔しい!
 
 
 今週末は天皇賞秋ですね。
 デムーロサトノクラウンルメールソウルスターリングの予定です。

 私の本命は懲りずに2人以外になると思います。
 もうG1の的中は諦めています。
 だって下手くそなんですから。

 2017年収支
  購入金額 399,800円
  払い戻し 249,430円

菊花賞 ミッキースワローを信じるのみ!トーセンホマレボシ産駒にG1を・・

 京都は土曜日から雨が降り続いています。
芝に水が浮く馬場の菊花賞となりそうです。

 衆議院選挙の投開票日だからトーセンホマレボシと言っている人がいました。
 なるほど"当選誉れ星"ですか。考えた人うまいなあ、、。
 私にとっては縁起良し、座布団一枚です。

 今年の菊花賞はずっと追いかけているトーセンホマレボシ産駒のミッキースワローで勝負します。

 セントライト記念では乗り替わった横山典皐月賞馬のアルアインを一瞬で置き去りにする末脚をひき出して菊花賞に期待をつなぎました。
 父トーセンホマレボシというあまり馴染みのない種牡馬がいいじゃないですか。
 何しろセントライト記念が産駒の初重賞制覇でした。

 トーセンホマレボシを俄に調べてみました。
 父がディープインパクトで半兄に天皇賞馬のトーセンジョーダンがいます。
 自身は2011年の暮にデビュー、6戦目に京都新聞杯を勝ってダービーは3着でした。その後屈腱炎のため僅か7戦で引退を余儀なくされました。
 2012年のダービーは1着ディーププリランテ、2着フェノーメノ、4着ワールドエース、5着ゴールドシップとかなりの強者揃いでした。

 さてミッキースワローの魅力はなんと言っても末脚です。切れ味勝負の馬だけに雨が気がかりですが、菊沢調教師は「道悪は他が苦にするようならプラスかも」(日刊ゲンダイ)とありました。

 今年の菊花賞はダービーの上位3頭が不在、しかも馬場悪化で波乱の匂いもプンプンしますよね。

 それでも人気の方はミッキースワローとルメールアルアインデムーロのキセキの3頭が抜けています。またルメールデムーロですか。
 この2人の雄姿ばっかり見せつけられのは面白くありません。
 アルアイン、キセキはどちらも個人的には3000の菊花賞はドンピシャのイメージはわきません。
と無理に思うようにしている面はありますが。

 それよりミッキースワローにとって『関東馬は勝てない』というデータです。
 新聞に掲載されている過去10年の成績表を見ると1着2着は全て西で関東馬は3着が僅か 2回と極端な事になっています。
 関東馬の優勝は2001年のマンハッタンカフェが最後です。
 厳しいデータですが、ミッキースワローを信じる
 しかありません。ミッキーなら大丈夫!?

 こんなコンディションですから総流しをかけてあわよくば高配狙いといきましょう。

 馬券は馬連
  12〜総流し 300円✕17点= 5,100円
  さらに上乗せ
   12〜 2 , 3 , 5 , 8 , 10 ,11 ,
         300✕6点 = 1,800円
  押さえ
   12〜 13, 16
        600円✕2点= 1,200円

  単勝12番 2,000円

        合計 10,100円

   2017年収支
    購入金額 389,700円
    払い戻し 249,430円

  久しく的中していませんが、ミッキースワロー
 にすがります。

秋華賞 ウサギが走るラビットラン、再び爆差しが見たい! 馬券は逃げ脚+差し脚の 4頭BOXで・・、

 毎日王冠リアルスティール京都大賞典スマートレイアー、どちらも眼中になかった馬でした。

 秋になっても不甲斐ない予想が続いています。
 
 今週からは京都競馬場が大舞台になります。
 今年の秋華賞ソウルスターリングの名こそありませんが、春のクラシック実績馬に夏に力を増した馬、秋になって台頭してきた馬など、近年にないぐらいハイレベルなメンバーが揃いました。

 どの馬からも狙える混戦模様です。これだけの顔ぶれなので混戦というより、激戦とか白熱戦という言い方が相応しいかな。
 
 1番人気に支持されているのはNHKマイルとクイーンSを制したアエロリットで単勝オッズ4倍前後と少し抜けています。リスグラシューが6倍ちょっと、僅差でファンディーナ、ディアドラ、そしてモズカッチャンとラビットランまでが単勝10倍以下となっています。
 大方の予想通りですね。馬券の予想に比べるとオッズの予想はだいたい当たりますね。

 雨模様で馬場もやや重となっています。枠順や脚質にどう影響するのでしょうかね。

 今回応援したいのは騎手の和田です。
 モズカッチャンでオークスを2着しながらローズSではデムーロに乗り替わり、そのレースでラビットランに騎乗して大外一気の差し切り勝ちなんですから。馬券はもちろん取れませんでしたが、痛快で拍手喝采でした。

 馬名も好きです。ウサギノカケアシという5歳牡馬が現役にいますが、こちらはラビットラン
馬名の意味は分かりやすくウサギ+走るです。
 いいじゃないですか。

 ローズステークスの勝ち方をどう見るかですね。
 ハマったのか、ホンモノなのか。


 余談ですが、ハマったといえばキョウヘイを思い出します。今年のシンザン記念、8人気ながら後の皐月賞で1、2着したアルアインペルシアンナイトを一瞬にして置き去りにしました。凄い差し脚でした。

 
 ラビットランのラップは相当なレベルのラップだったと専門家は指摘していましす。決してまぐれ当たりのホームランではないと。

 デビューしてからはダートばかり使われて、芝で
2連勝。初重賞挑戦ローズSでは8人気の低評価でした。
 父タピットというあまり知られていない血統の追い込み馬に応援の1票を投じます。

 馬券は
  単勝2番  1,000円

 馬単ボックスで前に行きそうなカワキタエンカ、アエロリットと差し脚が光るラビットランとディアドラの4頭にしました。
  馬単ボックス
    1 , 2 , 8 , 14
     300円✕12点= 3,600円

      合計 4,600円


 2017年収支
  購入金額 385,100円
  払い戻し 249,430円