読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

高松宮記念 急成長の新星セイウンコウセイが短距離王に!? 迷わずこの馬に決めました・・ 

 勝負の世界にケガはつきものとは言え、よもやの左肩負傷で新横綱稀勢の里の優勝は厳しくなりました。
(追記・稀勢の里が優勝決定戦に持ちこんで照ノ富士を下して優勝しました。
凄すぎて涙がでます。奇跡的な逆転優勝おめでとうございます。)
 

 ドバイターフヴィブロスが優勝しました。
 1着賞金は日本円にしておよそ4億円、大魔神佐々木オーナーの才覚と強運には驚きます。
 この人は本当に持っていますね。羨ましい!

 さて春のG1の幕開け高松宮記念です。
 昨年の1着馬ビッグアーサーは脚部負傷で回避、2着馬ミッキーアイルは引退。掲示板に乗った馬が1頭も出走しないことが短距離馬の消長の激しさを物語っています。

 世界のロードカナロア以降のスプリント路線は絶対的な主役が不在で混沌としています。

 そんな中、昨年秋のスプリンターズSを制したレッドファルクスが当然のように1番人気に推されています。
 左回りが大の得意で中京の芝は3戦3勝しかも全てが上がり最速、さらに鞍上がデムーロならば軸は堅いように見えます。

 ただ3ヶ月半の休み明けと前走の香港スプリントの12着という大敗がどうも引っかかります。
 勝たれたら脱帽ですが、軸にはしません。

 今年の高松宮記念、早い段階からこの馬でいくと決めていました。
 関東から参戦する4歳馬セイウンコウセイです。
 結果はともかく自分の中では迷わずの軸です。
 ここ2戦の内容に惚れ込みました。
 前々走の淀短距離Sでは2番手からあっさり交わす完勝でした。そして前走のシルクロードSでこの馬の成長ぶりを再認識しました。
 ダンスディレクターの末脚にクビ差屈しましたが、快速馬のソルヴェイグやネロを前において直線すっと抜け出して先頭に躍り出たスピードは瞬発力も相当なものと感じました。

 枠は3枠6番、内目で先行して余力十分に直線に向かえそうです。
 例の案件で乗り慣れた松田から幸に交替しますが、マイナスにはならないはずです。
 当日午前の時点では5番人気でオッズは7倍台、思ったより売れていますが、まあいいとこでしょう。

 レッドファルクスの他、牝馬のメラグラーナやレッツゴードンキ、実績のあるシュウジらの強敵、他にも穴馬がゴロゴロいそうですが、今回はセイウンコウセイと心中する覚悟です。

 馬券はセイウンコウセイ
  単勝 6番 2,000円
  
  馬連は人気薄に期待して
    6番から全通り流し
      200円✕17点 = 3,400円
  馬連有力どころに追加
    6番〜 2 , 3 , 7 , 9 ,12 ,13
      400✕6 = 2,400円
  
      合計 7,800円

  2017年収支
   購入金額 110,300円
   払い戻し  57,940円

スプリングS 2歳王者サトノアレスを一応信頼も オッズ的にはウインブライト、エトルディーニュ? デムーロの日曜メイン7連勝なるかにも注目

 新横綱稀勢の里、WBCの侍ジャパンと日本人に馴染みの深い2大スポーツ興行が熱くなっています。
 競馬もクラシックの季節に向けて負けてられません。

 デムーロ騎手の勢いが止まりません。先月から6週続けて日曜日のメーンを制しています。

2月5日 東京新聞杯
  ブラックスピネル 3番人気 640円
2月12日 京都記念
  サトノクラウン  3番人気 440円
2月19日 フェブラリーS
  ゴールドドリーム 2番人気 500円
2月26日 中山記念  
  ネオリアリズム  3番人気 710円
3月5日 大阪城ステークス
  アストラエンブレム 1番人気 250円
3月12日 フィリーズレビュー
  カラクレナイ   2番人気 380円

 デムーロ騎手が凄いのは圧倒的に力のある馬ばかりで勝ったものではありません。上記の表で分かるように、6レース中1番人気は1つだけです。だいたいが過剰人気になってオッズが低くなる傾向のある騎手にしては、単勝の金額もそこそこ付いています。
 大レースでの勝負強さは空恐ろしいほどです。

 さすがに今週はお立ち台はないと思っていますが
デムーロ騎手はトリコロールブルーで中山のスプリングSに挑みます。

 芝1800mのスプリングSには年末のの朝日杯の1,2着馬が揃って出走します。サトノアレスは戸崎、モンドキャンノには大野とそれぞれ乗り替わりです。

 このレースは1番人気が安定して走っています。
 過去10年のデータを参照すると1着が4頭、2着が3頭、3着が3頭とすべて馬券になっています。

 当日午前9時半の時点で1番人気は予想通りディープインパクト産駒2歳王者のサトノアレスで単勝オッズは3,2倍です。
 2番人気はなんとデムーロトリコロールブルーが3,9倍で続いています。デムーロ人気ですね。先に今週は無さそうと書きましたが、オッズを見る限り今週も脈ありかも知れません。そこそこの末脚を秘めている馬でもあります。

 田辺のアウトライアーズが3番人気で4,2倍。百日草特別でアドマイヤミヤビにコンマ1秒差の3着、2着のカデナが弥生賞を勝っていることからこの馬にも期待が寄せられています。

 朝日杯2着のモンドキャンノは初距離だけに5番人気で8,2倍となっています。

 オッズ的には4番人気松岡のウインブライトの6,6倍に妙味、ひいらぎ賞ではアウトライアーズに後れをとりましたが、前走は最速の上がりで圧勝しました。使うごとに強くなって来たようです。

 もう 1頭は共同通信杯2着ながら21,9倍のエトルディーニュでこの馬は常に上位に来ても人気になりません。

 馬券は
  単勝でウインブライト10番を1,000円
  
  3連複フォーメーションで
   9〜5 , 10 〜5 ,10 , 3 , 6 , 8 ,11
     300円✕9点 = 2,700円

  3連複
   軸2頭流し9 , 10から
    相手 3 , 5 ,6 , 8 , 11
     500円✕5点 = 2,500円

       合計 6,200円

 阪神大賞典は現役最強馬のサトノダイヤモンドの走りをじっくり見せてもらいます。
 それにしても長距離はメンバーが揃いません。
 本日は東西でサトノデーになるのですかね。

 

  2017年収支
   購入金額 104,100円
   払い戻し  49,840円

フィリーズレビュー 実績・スピードここならレーヌミノルでしょ お願い!人気薄を連れてきて、、

 ステファノスよ。
 やっぱし不安が的中しました。
 この馬、G1では好走したからといって、G2で信頼できるかといったらそうではなく、相手なりのところがあるのが気がかりでした。末脚はあるのですが、ツメが甘いのです。
 それでも3着は外さないと思ったんですが、、

 1番人気のヤマカツエースが快勝したものの、2着、3着に人気薄が入って3連単は19万と荒れました。
  
 軸馬選びは自信喪失状態です。
 
 日曜日は桜花賞トライアルのフィリーズレビューです。18頭のフルゲート戦です。
 堅いのか、荒れるのか?

 1400ならレーヌミノルで大丈夫でしょう。
 スピードは1番、四角ではまず3番手以内にいて直線も脚を使えます。 好きな馬ですし、素直に軸にします。
 マイルでもソウルスターリングやアドマイヤミヤビ相手に見せ場を作って来ました。
 実績ならメンバー随一、ただ1番人気になるでしょうから人気薄を連れて来て欲しいものです。

 オッズから見て強敵はデムーロのカラクレナイ。
 何せ鞍上は5週連続して日曜日のメーンを制してリーディングのトップを走っています。
 配当を考えたらこのレースだけはおとなしくしてと願っています。
 
 馬券は馬連にします。
 相手は内からアズールムーン、フラウティスタ、ジューヌエコール、タガノカトレア、ベルカプリ、シグルーン、ゴールドケープ、カラクレナイと手広く流します。

 馬券は馬連流し
 15番から相手 2 , 4 , 6 , 7 , 9 , 12 , 13 ,16
     500円✕8点 = 4,000円
 ワイド 15〜 12 , 13
     1000円✕2点 =2,000円

      合計 6,000円


 2017年収支
  購入金額 98,100円
  払い戻し 42,090円

 

金鯱賞 ステファノス 3着までならきっと来てくれる・・だから3連複で手堅く! 穴馬も買ったよ、、

 このところずっと自らのツメの甘さを痛感しています。
 2つに1つの最終判断でことごとく逆の目を引いています。

 例をあげると、クイーンCのアドマイヤミヤビ
orフローレスマジック チューリップ賞ソウルスターリングorリスグラシュー 弥生賞のカデナor
ダイワキャグニーなど
 決まって勝ち馬を間違えました。ダイワキャグニーなんて9着の惨敗ぶりでした。
 
 振り返れば私の場合、2頭を比較してオッズの高い方つまり配当の大きさに動かされるようです。
 こんなんじゃ的中できないのも仕方がありませんね。反省・反省・・・

 さて本日土曜日は中京競馬場金鯱賞が行われます。昨年末にあったばかりですが、今年からG1に格上げされた大阪杯の前哨戦ということで開催時期が変更になったんですね。
 それだけに出走馬のレベルも濃くなりました。

 当日午後1過ぎの時点で1番人気は12月のこのレースを制したヤマカツエースで3,7倍、有馬記念で最速の上がりで4着と好走したことで評価が高まっています。
 次いで4歳のプロディガルサンで4,8倍、ルージュバックが5,0倍、ステファノス5,4倍と2番人気から4番人気が接戦となっています。

 人気的にはこの4頭に集中しており、5番人気となるとヌーヴォレコルトが14,8倍も付きます。

 軸には上位4頭の中からステファノスを選びました。勝ち味に遅く、2014年秋から勝利は遠のいていますが力は十分です。
 G1でも秋の天皇賞で一昨年2着、昨年3着、前走の香港カップでもモーリスの3着に来ています。

 なかなか頭には届きませんが、3着までなら大丈夫とみて3連複の軸に据えます。
 相手には上位3頭の他穴でナスノセイカン、ルミナスウォリアー、ロードヴァンドールの計6頭で勝負します。

 馬券は3連複軸1頭流し相手6頭
 6番から 1 , 2 , 3 , 4 , 6 , 15
    300円✕15点=4,500
 
 単勝 6番を1,000円

        合計5,500円

  2017年収支
 購入金額 92,600円
 払い戻し 42,090円

弥生賞 ダイワキャグニーが早め抜け出して追い込み馬を封じる!?

 きのう土曜日のチューリップ賞ソウルスターリングに雪辱を期して挑んだリスグラシューでしたがソウルの強さにはね返されました。
 
 ソウルはデビュー以来無傷の4連勝、桜花賞へ向け万全の走りを披露しました。

 ゴール前でリスグラシューを差して2着に入ったミスパンテールの末脚も目につきました。
 久々でしたが、本番でも恐い1頭になりそうです。

 日曜日は弥生賞です。舞台も皐月賞と同じ中山2000メートルです。

 弥生賞のここ10年の成績表を眺めています。1着馬にはロジユニヴァースヴィクトワールピササトノクラウンマカヒキとさすがの馬たちが並んでいます。

 ただこの10年、3着以内にきた馬で皐月賞を制したのは2010年の優勝馬ヴィクトワールピサだけなんですよ。
 本番に直結する前哨戦と思われていますが、同じ舞台でも展開が違ったりするのでしょうね。
 それでも弥生賞からはダービーや他のG1の優勝馬を多く輩出しています。

 昨年はマカヒキリオンディーズエアスピネルの3強ですんなり決まりましたが、今年は上位伯仲と見られています。

 牡馬のクラシック戦線はまだ混沌としている状況です。弥生賞のレースの中身次第では本番にぐっと近づく馬が出てくるかも知れませんので目が離せません。

 当日お昼を過ぎた時点では1番人気は福永騎乗のカデナで3,3倍前後、2番人気には北村宏騎乗のダイワキャグニーが3,7倍前後となっています。

 カデナはディープインパクト産駒の追込み型、ダイワキャグニーはキングカメハメハ産駒の好位抜け出し型とタイプが分かれています。

 どちらかを軸にと考えた結果、前に付けれるをダイワを一応中心に馬券を組んでみました。

 馬券
 3連単フォーメーション
  9〜 1 , 5 ,11 〜 1 , 5 ,11 , 2 , 3 , 4 , 7 ,10
    100円✕24点= 2,400円
 馬連
  9〜1 , 5 , 11を各1,000円=3,000円

  9〜 2 , 3 , 4 , 7 , 10 を各500円=2,500円

        合計7,900円


 2017年収支
 購入金額 84,700円
 払い戻し 42,090円


 ゴール前で「ダイワキャグニー!」と声を出したいのですが、舌を噛みそうですね。

          
   

チューリップ賞 ソウルスターリング対リスグラシュー あなたならどっちを買いますか? ちょこっと気になるのはミスパンテール・・

 先週日曜日の重賞は久々の大波乱となりました。
 古馬の強豪が揃った中山記念、人気を集めたディープインパクト産駒のアンビシャスとリアルスティールでしたが、アンビシャスは差し届かず4着、リアルは全くいいところなしの8着、楽々制したのは又もやデムーロ鞍上のネオリアリズムでした。デムーロ騎手はこの2月、フェブラリーSを含む重賞4連勝を果たしました。
 そういえばデムーロは去年も2月は勝ちまくっていたなあ。 
 毎週毎週、お立ち台での笑顔を見せつけられています。

 もう一つの阪急杯、グリグリの本命印が並んだシュウジが大コケの8着、3連単の配当は248万円と言葉も出ません。
 いったい誰が的中したのでしょうか。

 さて本日土曜日は阪神競馬場チューリップ賞が組まれています。
 桜花賞を占う意味でも注目のレースです。
 今年は暮れの阪神ジュベナイルフィリーズの1、2着馬が再びここで激突します。
 ルメールソウルスターリングは3戦3勝、スピード、末脚と完成度の高い走りで他を寄せつけていません。

 対するリスグラシュー、前走は戸崎が乗って大外枠に出遅れと最悪の展開となりましたが、直線は上がり1位の脚でソウルにコンマ2秒差に詰め寄りました。戸崎から武豊に手綱が替わりました。
 
 当然、人気もこの2頭に集中しています。
 お昼過ぎの時点でソウルスターリングのオッズが1,5倍前後、リスグラシューが3,0倍前後となっています。

 力的にはかなり接近していると思っていますが、怪物フランケルの子ということもあって意外と差がついた感があります。

 まあ見るレースですね。2頭が馬券を外すことはないでしょうが、先週の阪急杯の例もあるだけに
ちょこっと買ってみます。

 馬券は
 単勝リスグラシュー3番 3000円。
  
 
 札幌のデビュー戦、末脚がなかなかの切れだったミスパンテールが久々でも気になるので
ワイドで
 7番から3と10に各1,000円。

    合計5,000円で楽しみます。

 2017年収支
 購入金額 79,700円
 払い戻し 23,290円

中山記念 ヴィブロス 強い牝馬の出現が競馬をより面白くする・・牡馬を蹴散らせ!

 先週のフェブラリーS、最優秀ダート馬サウンドトゥルーとG1連続3着アスカノロマンの2頭で勝負と大口を叩いたものの、口あんぐりの結果となりました。
 サウンドトゥルーは7番人気で8着、アスカノロマンは9番人気で15着、ファンの目は肥えているとつくづく思いました。
 それに比べて私ときたら、、。

 本日は中山記念です。今年からG1に昇格した大阪杯(4月2日)の前哨戦の性格が加わりました。
 1着馬に優先出走権が与えられるということですが、ドバイ遠征組の壮行レースの意味合いも例年通りのようです。

 昨年はドゥラメンテ、アンビシャス、リアルスティールの順で決まりましたね。このレースには中距離の古馬一流どころが登場してきます。

 今年も実績馬が何頭か参戦します。
 アンビシャス、リアルスティールロゴタイプの牡馬3頭とヌーヴォレコルトについてはいわゆる常連で説明も不要ですね。

 ネオリアリズムは昨年札幌記念で世界のモーリスを破ったことで注目を浴びました。 
 ツクバアズマオーは奥手の叩き上げで、今年正月の中山金杯で初の重賞制覇してトップ級の仲間入りしたばかりの上がり馬です。

 そしてもう1頭が今回の私の勝負馬ヴィブロスです。昨年の夏から馬が変わったかのように頭角を現し、秋華賞では鮮やかな差し切りで優勝しました。

 父ディープインパクトヴィルシーナの全妹、大魔神佐々木さんの愛馬としても知られています。

 牡馬の実力馬たちに果たして通用するかどうかの不安はありますが、一泡吹かせて欲しいと願っています。

 牡馬を凌ぐほどの牝馬の存在が競馬を盛り上げてくれます。ウオッカダイワスカーレットブエナビスタジェンティルドンナ級とはいかないまでも、一昨年はショウナンパンドラ、昨年はマリアライトと強い牝馬が歴史を繋いできました。

 今年はヴィブロスにリーダー役を期待してやみません。
 ヴィブロス中山記念をステップにドバイへ向かうということです。
 さらに成長した姿を披露して欲しいものです。
 騎手は内田騎手に替わります。あのヴィルシーナのウチパク、いいじゃないですか。

 馬券は
  3連複 3番1頭流し相手 1 , 4 , 7 , 8 
      400円✕6点= 2400円
  
     3番1頭流し相手 1 ,4 , 7 , 8 ,9 , 10
      200円✕15点= 3000円
  3連単 3番1着流し相手 1 , 4 , 7 , 8
100円✕12点= 1200円
     3番2着流し相手 1 , 4 , 7 ,8
      100円✕12点= 1200円

 一方で阪神競馬場阪急杯は堅そうですね。
 大穴でお手馬テイエムタイホーを少々。

 馬券 
   馬連 10番から 5 , 6
      500円✕2= 1000円

      合計 8 ,800円

 2017年収支
   購入金額 70,900円
   払い戻し 23,290円
  
     まったく酷いもんです。