馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

日経新春杯 メロディーレーン 願望!最軽量馬の偉業の目撃者になりたい!  京成杯 打倒スカイグルーヴはビターエンダー、クリスタルブラックに

 土曜日の愛知杯は熟女たちが低人気に反発するかのように1着から3着までを独占しました。
 
 7歳、6歳、7歳の順で入って、
3連複91,350円、3連単は598,880円と大荒れになりました。

 我ながら情けない予想でした。馬券内の馬を1頭も買ってないんですから。

 日曜は京都で日経新春杯です。
 これがまた難しいんですね。

 人気上位5頭、レッドジェニアル、アフリカンゴールド、タイセイトレイル、モズベッロ、レッドレオン、この中からどれを中心にしたらいいのか、、?

 どれも一長一短があって決め手を欠くようで、考えれば考えるほど軸馬が浮かんで来ません。

 こういう状態の場合、私が選んだ馬はまず走ってくれないのです。

 そこで出した結論は「話題の馬の応援馬券でいこう」です。

 そう、4歳牝馬のメロディーレーン、現役最軽量馬です。
 420キロぐらいでも軽量馬と言われるのにこの馬は昨年9月338キロで1勝クラスを勝利しています。

 そしてなんと菊花賞に挑戦、この時が340キロでした。無謀かと思われましたが、上がり最速での5着入線には驚きました。

 今回は当日午前の段階で単勝オッズが7倍台後半と人気が先行気味で単勝の妙味という点では今イチなんですが。

 一昨年の有馬記念オジュウチョウサンが5番人気(結果は9着)したのが思い出されます。

 まだ2勝クラスも勝ってない身ですが、ひょっとしたらの要素もあります。

 今回1人気のレッドジェニアルに菊花賞で1馬身先着しています。
 その時の斤量差の2キロが今回は7キロ差に開きました。
 メロディーレーンは2400と2600で勝っているようにスタミナには心配無用です。

 49キロの軽量を生かしての大駆けに1票を投じて夢を見ます。
 岩田望来に願望です。

 万が一、優勝でもすれば、競馬の歴史の目撃者になれるんですよ。頑張って!

 馬券は単勝1番を1,000円

 馬連は人気5頭へ流します。
  1 〜 2 , 4 , 6 , 7 , 13
    500円✕5点=2,500円
      計3,500円

 今回は外れても後悔しませんから。

 一方、中山での京成杯は大物との呼び声が高い牝馬スカイグルーヴに人気が集中しています。

 ルメールの乗るスカイグルーヴは大外枠を引きました。

 牝馬の外枠といえば嫌な結果が続いています。
 阪神ジュベナイルの単勝オッズ1,8倍リアアメリア、先週のシンザン記念単勝オッズ1.6倍ルーツドールが大きく崩れて人気を裏切っています。

 今回のスカイグルーヴは大丈夫でしょうか?
 少々不安ではあります。

 この時期の3歳戦は各馬の比較が難しいですね。今回は先行馬が揃いましたね。差し馬にも出番があるかも知れません。

 今回買いたい馬は10番ビターエンダーと1番クリスタルブラックです。
 確たる根拠はありません。ただなんとなく程度です。

 馬券はスカイグルーヴを絡めて
 馬単ボックス
   1 , 10 , 12
     200円✕6点=1,200円

 ワイドボックス
   1 , 10 , 12
     600円✕3点=1,800円

 単勝1番  500円
 単勝10番 500円

       合計4,000円

  2レース合計7,500円
 

 2020年収支
  購入金額31,300円
  払い戻し21,600円

 2019年収支
  購入金額567,000円
  払い戻し764,780円

 2018年収支
  購入金額478,400円
  払い戻し448,850円

 2017年収支
  購入金額506,100円
  払い戻し323,430円

愛知杯 軸馬をしぼることが出来ない! 馬連フォーメーションを試してみたが、、。

 月曜日にようやく年が明けての初当りを引けました。
 フェアリーS、会心のヒットとはなりませんでしたが、2着、3着のワイドをダブル(両馬それぞれからの流し)で的中、配当もソコソコ付いてくれました。

 シンザン記念の失敗が尾を引かなくてひと安心です。

 土曜日は小倉競馬場での愛知杯です。
 長い直線の中京から短い小倉ですから過去データや傾向も参考にならないですねえ。

 いずれにしても牝馬が16頭のハンデ戦、波乱の余地もありでしょう。
 

 あまりヒネらずに何頭かピックアップしました。
 
 昨年秋の重賞戦線で上位に来たクロノジェネシス、カレンブーケドールの2頭を基準にしました。

 エリザベス女王杯で4着とクロノに先着したセンテリュオ、5走前にはメールドグラースの2着の実績があります。引き続きルメールなので勝ちに来ているのは明らかです。

 ジャパンカップで2着したカレンブーケドールを紫苑Sで下し1,2着のパッシングスルーとフェアリーポルカ秋華賞では共に大敗もここならチャンスありでしょう。

 特にパッシングは秋華賞では不利な16番枠だったので巻き返しが期待されます。

 川田が鞍上のサラキア、エリザベスではクロノに次ぐ6着、大外枠を引きましたが入れておきましょう。

 もう1頭気になるのがポンデザール、エリザベスが16着だったので今回は人気を落としています。それまで長い距離ばかりすべて上がり最速で4連勝した馬です。初の2000に対応出来れば面白い穴馬とみています。

 2番センテリュオ、8番パッシングスルー、14番フェアリーポルカ、15 番ポンデザール、16番サラキアの5頭を選んだのですが、、、。
 外枠が多いなあ、大丈夫かな?

 これらをどう組み立てたらいいのか、私の頭では混乱するばかり。
 
 これまでやったことのない買い方を試してみます。

 馬券は馬連フォーメーション
  2 , 8 , 14〜 2 , 8 , 14 , 15 , 16
    500円✕9点数=4,500円

 3連複センテリュオ1頭軸相手6頭
 小倉得意の7番アロハリリーとマーメイドS2着の13番レッドランディーニを足しました。
 2 〜 7 , 8 , 13 ,14 , 15 , 16
    100円✕15点=1,500円

      合計6,000円


 
 2020年収支
  購入金額25,300円
  払い戻し21,600円

 2019年収支
  購入金額567,000円
  払い戻し764,780円

 2018年収支
  購入金額478,400円
  払い戻し448,850円

 2017年収支
  購入金額506,100円
  払い戻し323,430円

フェアリーS ポレンティア 最年少34歳田中博康調教師への期待を込めて!

 生半可な私の分析でシンザン記念を外してしまいました。これはしばらく尾を引きそうです。

 肩入れしていた原田のプリンスリターンが僅差の2着に頑張ってくれたのに、、。

 レースを制したサンクデュエールを馬単ボックスから外すという愚行です。

 サンクが2着したアルテミスS、その勝ち馬リアアメリアが阪神ジュベナイルで凡走したことからレースレベルを低いと決めつけてしまいました。

 素人がよくやる浅はかな見立てです。
 よくよく考えたらルメールがルーツドールではなくサンクデュエールを選んだのです。 さらに絶好の1番枠なのにね。
こういうところで頭の悪さが出ますね。

 ところで"大物"とか"新星"などの見出しが並んだ断トツ人気のルーツドールが10頭立ての7着なんて、、誰が想像できましょう。

 祝日の月曜はフェアリーSです。
 この時期の3歳牝馬戦だけに波乱度の高いレースです。ましてや16頭の多頭数です。
 私の頭では的中なんて無理というものです。

 牝馬の断トツ1人気が掲示板を外し続けています。阪神ジュベナイルの1,8倍リアアメリア、シンザン記念1,6倍のルーツドール、ついでに言えば有馬記念の1,5倍アーモンドアイと。
 いずれも東京で圧勝して中山で苦しんています。

 今年のフェアリーSはルメールのアヌラーダプラとマーフィーのシャインガーネットの2頭に支持が集中しています。
マッチレースとなるのでしょうか。

 今回勝ち負けはともかく、注目している馬が1頭います。

 3枠5番のポレンティアです。
 昨年夏の札幌以来というのがどうかですが、デビュー戦1500mがなかなかの内容に思えます。

 さっと番手につけて直線追い出されると後続を3馬身引き離しました。上がり3ハロンは最速の34秒6,札幌の馬場を考えると上々のタイムでしょう。

 注目したもう一つの要因は管理する田中博康調教師にあります。
 最年少のまだ34歳なんですよ。今回は重賞初制覇を狙っています。
 
 騎手としても2009年のエリザベス女王杯クィーンスプマンテでG1制覇、ユニコーンSを勝ったシルクメビウスの手綱も記憶に残っています。

 その後、騎乗回数が減ったなあと思っていたら、2016年12月にJRAから調教師試験の合格発表があり、その中に田中博康の名があったのには驚きました。他には武幸四郎の名も。
 一発で合格したんですよ。きっと頭がいい方何でしょう。調教師としてきっといい子を育てるのではないでしょうか。

 新馬戦の後はレースを使わず、体質強化のために放牧に出していたそうです。
 その効果がレースで発揮出来ればと願います。

 父はハーツクライだけに伸びしろもあるのではないでしょうか。

 そうは言っても久々の不安は正直あります。あくまで応援馬券のつもりで臨むのがベストかな?

 馬券は単勝に人気2頭ともう1頭のハーツクライ産駒チェーンオブラブを加えたボックスにしました。ワイドも加えます。

 馬券は単勝5番1,000円

 馬単ボックス
   5 , 8 , 10 , 11
     200円✕12点=2,400円
 ワイド
   5 〜 4 , 8 , 10 , 11

   8 〜 4 , 5 , 10 , 11
     500円✕8点=4,000円

       合計7,400円
     

 
 2020年収支
  購入金額17,900円
  払い戻し   0円

 2019年収支
  購入金額567,000円
  払い戻し764,780円

 2018年収支
  購入金額478,400円
  払い戻し448,850円

 2017年収支
  購入金額506,100円
  払い戻し323,430円

シンザン記念 ルーツドールは断然なのか! 牝馬2頭決着だけはやめて! 心情的にはタガノとプリンス、原田にもエールを・・

 スタートの金杯は東西ともヒドい予想で大ハズレを引いてしまいました。

 初詣のおみくじは久々の大吉を引いたのですが、、。

 シンザン記念です。

 一昨年のアーモンドアイ、8年前のジェンティルドンナはこのレースを制して頂点までのぼりつめました。

 今年も2頭の牝馬の参戦に注目が集まっています。

 ジャスタウェイ産駒ルーツドール、ディープインパクト産駒サンクデュエール。
鞍上も川田とデムーロ、どちらもノーザンファーム生産馬ですって!

 特にルーツドールはまだ1戦のみですが、番手からあっさり抜けて5馬身も引き離しました。タイムも上々で新星誕生を予感させるものでした。またフィエールマンの半妹というのが人気に拍車をかけているようです。

 サンクデュエールもG3アルテミスSで2着の実績の好素材です。

 一騎打ちムードさえ漂っていますが、もしそうなれば馬券的にはガチガチの金持ちレース? それもねえー、、。

 ホンマにこの2頭で決まるのでしょうか。
 ルーツドールはともかくサンクデュエールには気がかりな点があります。

 アルテミス組のその後の不振です。阪神ジュベナイルフィリーズでのリアアメリアの凡走だけでなく、3着馬も5着馬も次走で大敗しています。もしかしたらレースレベルが大したことなかったのかも知れません。

 肩入れしたい馬が2頭います。
 1頭は朝日杯で4着と見せ場をつくったタガノビューテイー、ダートで連勝したあとの初芝でした。展開が向いた感もありますが、半兄のタガノブルクがNHK杯で2着するなど好走の下地はあったのです。
 
 馬名にビューティーと付いたら普通は牝馬なのですが、牡馬なんですね。

 もう1頭は騎手込みで応援したいプリンスリターンです。この馬も朝日杯がブービー15人気で5着と健闘しました。

 鞍上の原田和真は今年9年目ですが、騎乗回数が少なく今年もまだ3レースしか乗っていません。これまで通算47勝(障害9勝含む)と地味な存在だけに、今後の飛躍のためにもこの重賞の舞台で悔いのないレースをして欲しいと願っています。

 とにかく"スター候補生"2頭での決着はやめて欲しい!

 馬券は1人気ルーツドールにタガノビューテイ、プリンスリターンの馬単ボックスで勝負です。3連単も少々買ってみます。

 馬券は馬単ボックス
   4 , 6 , 9
     500円✕6点=3,000円

 3連単頭固定相手5頭
 9 〜 1 , 4 , 5 , 6 , 8
   100円✕20点=2,000円
 4〜 1 , 5 , 6 , 8 , 9
   100円✕20点=2,000円

        合計7,000円


 
 2020年収支
  購入金額10,900円
  払い戻し   0円

 2019年収支
  購入金額567,000円
  払い戻し764,780円

 2018年収支
  購入金額478,400円
  払い戻し448,850円

 2017年収支
  購入金額506,100円
  払い戻し323,430円

中山・京都金杯 東西とも軸候補馬が大外枠に・・ さあ困った! 作戦変更したが、、 軸はともかく、東西の夢馬にカデナ、エメラルファイトを指名

 有馬の後にホープフルがあったので、以前のような待ちに待った感は薄れましたが、金杯で2020年の幕開け。

 今年も馬券下手の戦いのスタートです。
 位置について、
 よーい、どん!
 

 幸先よく的中といきたいんですが、、。

 軸馬に考えていた馬が東西とも大外枠を引いてしまいました。
 うーん、まいったなあ。一から練り直しです。

 中山金杯から。
 マーフィーが乗るザダル軸を変更しました。1人気のクレッシェンドラヴに落ち着きました。

 最近は重賞級の乗り馬に恵まれていないウチパク内田にとって、この馬は手放したくない馬です。ミッキースワローと勝ち負けしてきた馬です。なんとしてでも馬券内には持って来てくれるとみました。

 穴の夢馬としてカデナを少々。
 この辺のメンバーなら突っ込んて来るかも知れません。ディープ産駒です。

 1人気クレッシェンドラヴ軸なので、手広く流して穴を待つスタイルがいいのかなあ?

 馬券は3連複1頭流し
 3 〜 1 . 7 . 8 , 12 ,15 , 16 , 17
    100円✕21点=2,100円

 馬連
  3 〜 7 , 15 , 16 , 17
    500円✕4点=2000円

 単勝 15 500円
 複勝 15 500円
           計5,100円

 一方、京都金杯
 ここもソーグリッタリング軸を変更です。

 軸が決まらないのでボックスにします。

 上位人気必至のカテドラルやダイアトニックは後方からの馬なので切りました。

 モズダディ、昨秋はマイルで1着、2着、1着。今回は酒井に手が替わりますが、酒井とは6戦で2勝すべて馬券内の好相性です。

 ソーグリッタリング、やはり重賞上位の安定株、しかも鞍上は川田です。

 サウンドキアラ、京都得意のマイル巧者。
 ディープ産駒は入れておきましょう。

 エメラルファイト、夢馬です。人気薄ですが、スプリングSの覇者。前走は最下位も富士Sでは直線に向いた時はオヤッと思わせる走りでした。石川も気になる騎手です。

 上記4頭のボックスで勝負です。

 馬単 1 , 3 , 15 , 18
    200円✕12点=2,400円

 ワイド 1 , 3 , 15 , 18
    400円✕6点=2,400円

 単勝 1  500円
 複勝 1  500円
           計5,800円

     2レース合計10,900円
    
  
 2019年収支
  購入金額567,000円
  払い戻し764,780円

 2018年収支
  購入金額478,400円
  払い戻し448,850円

 2017年収支
  購入金額506,100円
  払い戻し323,430円

2019年 馬券収支の軌跡〜ブログ初の年間黒字! 私の中の"年度代表馬"はもちろん△△△△△

 この1年の成績のまとめです。

  2019年収支
   購入金額567,000円
   払い戻し764,780円
         回収率134,9%

 まさか年間黒字になるなんて思いもしませんでした。

 数字だけ見れば合格のようですが、個々のレース予想は恥ずかしくなるトンチンカンな
ものばかりでした。

 2019年も失敗の連続で年初からマイナス街道を進み、12月半ばまで一度もプラスに浮上することはありませんでした。

 ボロボロ状態が一変したのは朝日杯FSでした。破れかぶれ戦法がハマって一気に年間黒字を決定づけました。立役者は単勝オッズ229倍のグランレイ、最後方に近い位置から直線だけで3着にすっ飛んで来てくれました。

 この勢いで有馬記念会心の的中となりました。
 (詳細はG1大反省⑩⑪に記しています)

 私の中の"年度代表馬"は「グランレイ」です。

     月間収支   月末通算
1月  ➖10,920円  ➖10,920円

2月  ➖ 8,860円  ➖19,780円

3月  ➖31,450円  ➖51,230円

4月  ➖39,100円  ➖90,330円

5月  ➕36,600円  ➖53,730円

6月  ➖25,780円  ➖79,510円

7月  ➕10,770円  ➖68,740円

8月  ➕47,300円  ➖21,440円

9月  ➖35,740円  ➖57,180円

10月  ➕ 2,690円  ➖54,490円

11月  ➖59,380円  ➖113,870円

12月  ➕311,650円  ➕197,780円


 年が明ければすぐに東西の金杯です。
 ここで初的中といきたいですね。
 
 ではよいお正月を!
 
 

ホープフルS コントレイル 羽ばたけクラシックへ! 穴馬が見つからない・・ 無理矢理拾ったが、人気上位馬で決まりそう? 

 有馬の興奮冷めやらぬ中、土曜日は締めくくりのG1ホープフルSです。

 昨年のサートゥルナーリア同様、今年も"逸材"の登場に視線が注がれています。

 東京スポーツ杯2歳Sでムーアを背に5馬身差で圧勝したディープ産駒のコントレイルです。いくら高速馬場とはいえ、従来の記録を1秒4も塗り替えるレコードでした。

 2着のアルジャンナも評判馬ですからコントレイルの能力は相当なものとみて間違いないでしょう。

 今回は福永に交替しますが、デビュー戦で乗って勝っているので大丈夫でしょう。

 不安があるとすれば、スピード優先の東京から200m延びてパワーが要求される中山で同じような走りが出来るかどうかですね。

 矢作調教師も心配しているようですが、クラシックを目指す馬です。皐月賞の舞台である中山で距離延長やコース云々に泣くような馬ではないとみています。

 人気の方は当日朝の段階で単勝オッズは2,3倍、2倍を切るかもと思っていただけに意外に付くなあと感じています。

 ワーケアがこちらの想定以上に売れています。単勝オッズは3,7倍、この馬もアイビーSをコンマ5秒差で勝ち上がって来ました。
 2戦2勝でどちらも上がり最速、鞍上はルメールというのも人気を押し上げているようです。

 穴馬を躍起になって探しましたが、人気上位馬とはかなり力の差があるようで見つかりません。

 本命戦で終わるのかな?

 馬券はコントレイルから他の2戦2勝馬、ワーケア、オーソリティ、ヴェルトライゼンデ、それに札幌2歳Sを制したブラックホールと素直に買います。

 安そう!

 無理矢理に人気薄2頭を拾ってみました。
 東京2000のスローを最速で差し切ったガロアクリーク、キンシャサノキセキ産駒で2000mとは珍しい使い方ですね。

 もう1頭はブルーミングスカイ、小倉の未勝利を1秒1差で勝っています。前走は崩れましたが枠もいいので1票投じます。

 ところでノーザンファーム生産の馬が目下G1を10連勝中だそうです。

 1人気のコントレイルは非ノーザン系なのでノーザンの連勝を阻止するかどうかも注目です。

 馬券はコントレイルから3連複1頭流し

 2 〜 1 , 3 , 4 , 5 , 7 , 11
   300円✕15点=4,500円
 
 
 2019年収支
  購入金額562,500円
  払い戻し763,040円

 2018年収支
  購入金額478,400円
  払い戻し448,850円

 2017年収支
  購入金額506,100円
  払い戻し323,430円