読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

単勝1,4倍のソウルスターリングが負けた!レーヌミノル、リスグラシューから得た教訓・・我が馬券の情けなさ!!

 桜花賞は波乱となりました。制したのは8番人気のレーヌミノルでした。大舞台に強い池添騎手の本領発揮です。昨年シンハライトで2センチ差の無念だっただけに、劇的なゴールでした。
 
 今回も馬券は大ハズレとなりましたが、失敗からいろいろ学ばされました。なかなか次に活かすことができませんが、、。
 後で述べますが、競馬って奥が深いというか、[素直に買え]と[疑って買え]が共存しているだけに厄介な推理ゲームです。


 一時は1,1倍、最終的には単勝オッズ1,4倍'無敗のソウルスターリングが3着に敗れました。
 直線で突き抜ける勢いは全くありませんでした。
 
 4戦4勝、阪神ジュベナイルフィリーズチューリップ賞で非の打ち所のない強さをみせていたフランケルの娘も馬場に泣いたということなんでしょうか。
 
 報道によるとルメール騎手は「これまでの馬場と違った。何度も手前を替えていて、直線の反応が遅かった」ということです。

 前日の土曜日までずっと雨が降り続いており、馬場が緩いのはファンも承知のうえでの絶大な支持なんですよね。ソウルは大丈夫のムードでしたしね。
 これで関東馬の1番人気、それも 1,5倍前後の馬が3年連続で期待を裏切る結果となりました。

 それにもまして我が予想の酷いこと、呆れるぐらいです。
 打倒ソウルにあげたアドマイヤミヤビは12着、ミスパンテールはブービーの16着でした。

 アドマイヤミヤビは2番人気の5,1倍、専門家の評価の方が一般ファンより高かったように思います。
 皐月賞の有力馬であるカデナを一蹴していることやクイーンカップ時の直線の切れ味が根拠でした。
 愛用の大阪スポーツの馬柱ではソウル本命3名に対してアドマイヤ本命も3名で並んでいました。
 いわゆるプロの方は上がりタイムの速い馬を好む傾向にあるように思えます。

 レースではスタートから全くついていけず競馬になりませんでした。これも雨のせいみたいなんですが、、。それにしてもね。

 もう1頭のミスパンテール、2走目のチューリップ賞リスグラシューを差してソウルの2着したことから4番人気に支持されていました。
 前回は当方の期待にも応えてくれたということで、今回もこの馬に対しては相当熱いものがありました。
 それがですよ。何でやねんのこの惨敗、もう訳が分かりません。
 四位騎手は馬場以上にキャリア不足とコメントしていたようですが。
 あの末脚はどこへ忘れたのと言いたいよ!
 ついでに、今回はソウルを負かしにいくと豪語していた陣営の強気はなんやったのかと。

 さてここからが今回の教訓になります。

 阪神ジュベナイルフィリーズの結果
 1着 ソウルスターリング 
 2着 リスグラシュー   
 3着 レーヌミノル

 今回の桜花賞
 1着 レーヌミノル
 2着 リスグラシュー
 3着 ソウルスターリング

 着順が全く逆さまになりました。
 レーヌミノルは上記の阪神ジュベナイルではソウルから3馬身遅れの3着。
 クイーンCではアドマイヤミヤビに3馬身遅れの4着。マイルから1400に短縮したフィリーズSでも2着と勝てませんでした。過去の2勝はいずれも1200だっただけに底が割れたと報じられました。私もそう感じました。

 レーヌミノルは2戦目の小倉2歳Sで先行から後続をぶっちぎりました。身震いするような強さでした。それ以降の重賞では善戦しても勝てませんでした。ここで私が見逃したのは前走フィリーズのレース内容てす。レーヌ陣営は脚質転換を試みたのです。

 その前のクイーンcの逃げから一転して、中団からの差しに活路を求めたのですね。8番手、9番手、四角では6番手という風にです。直線で先頭に立ったもののヨレてしまってクビ差の2着でした。そう、いろいろ物議をかもしたレースでした。その印象が強くて、直線入リ口から追って一気に先頭に立ったレーヌのひと味違った瞬発力を忘れていました。
 今回、初騎乗の池添騎手でしたが、逃げずに5、6番手から直線入り口4番手から早めにスパートして後続の追撃を振り切りました。
 陣営の勝つための工夫と馬場を読んだ騎手の息がびったりあったように感じました。
 レーヌミノル単勝 4,080円ですよ。

 教訓その1
   底が割れたと早計に判断しない事
   少しの変化にヒントあり

 
 リスグラシューはソウルと2回対戦していました。
 まずは阪神ジュベナイル、この時の単勝オッズはソウルが2,8倍、リスは3,0倍とほぼ互角でした。
 結果はソウルに1馬身1/4差の2着でしたが、リスはスタートで大きく出遅れていました。

 2度目のチューリップ賞のレース前までは個人的にはリスグラシュー牝馬ナンバー1と評価していました。
 この時はソウルが単勝オッズ1,5倍、リスは2,7倍でした。しかしレースではなんの不利もないのにソウルに並ぶどころかゴール前でミスパンテールに差されてしまい3着となりました。ソウルとは決定的に2馬身半も離されました。

 桜花賞ではソウルスターリングとの勝負付けは既に終わったと思い込んでいました。新聞の分析記事でもそういう見解が多く見受けられました。

 桜花賞ではソウルの1,4倍に対してリスは14,5倍に大きく開きました。あんなに近かった支持率の格差が10倍にまで開きました。
 ファンの心理が如実に表れますね。
 
 教訓その2
  勝負付けが済んだとのプロの評価を鵜呑みにし
  てはいけない

 まああれこれ記しましたが、
 もし桜花賞が良馬場で行われていたらどうなっていたのでしょうか。
 いや、こういう仮定の話はやめておきましょう。

 何回やっても競馬は難解です。
 この難問に毎週付き合いながら季節は巡リます。
 次は皐月賞です。

 2017年収支
  購入金額 137,500円
  払い戻し  88,240円

     負債ばかり増やしています。
     つくづく競馬に向いていません。