読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

大阪杯 人気の3頭が強そう・・それでも半年前サトノダイヤモンドを苦しめたミッキーロケットで勝負した!出遅れが心配やけど。

 G1に格上げされた大阪杯。記念すべき第一回です。

 「産経大阪杯」がG1に昇格になりそうと聞いた時は「えっ何で!G1増やし過ぎやろ」と思ったものでした。でもよくよく考えてみると、春シーズンに4歳以上の中距離志向の古馬のビッグレースがないんですよね。宝塚記念は季節的にはもう夏ですから今回のG1昇格は大歓迎です。
 現役のトップ4のうち3頭が参戦、こんなワクワクできるようなレースがまた一つ増えたのですから。

 「大阪杯」と名称も変わった今回、初代王者を目指して3強による叩き合いというのも美しいシナリオですが、貧乏ギャンブラーにとっては少しは荒れてくれないとお腹が膨れないというのが本音です。

 3強の中でも大黒柱は昨年の年度代表馬キタサンブラックです。この馬14戦して4着以下に落ちたのはたった1回だけどいう超安定馬だけに馬券圏外に沈む場面はイメージし難いですね。

 マカヒキについてはダービーで魅せた一級品の切れがファンの目にに焼き付いている事でしょう。
 ただ凱旋門賞での惨敗から復帰戦となった京都記念では3着と末脚が炸裂しませんでした。
 もしかしたらダービーの時がこの馬のピークだったのではという気がしないでもありません。

 サトノクラウンは不思議な馬です。昨年も宝塚記念6着、秋の天皇賞14着でもう上がり目はないと思ったら香港ヴァーズでG1初制覇と驚かされました。前走の京都記念ではマカヒキを寄せ付けず完勝しました。堀厩舎にデムーロという強力コンビですが、私自身この馬はよく分かりません。

 人気3頭に割って入る馬を見つけなければなりません。
 本格化したヤマカツエースや去年のこのレースでキタサンブラックを破ったアンビシャスも実力馬ですが、私が狙うのはミッキーロケットです。

 根拠はただ一つ、神戸新聞杯サトノダイヤモンドとクビ差の接戦に持ち込んだ直線の脚です。
 現役最強馬のサトノダイヤモンドをヒヤリとさせたのだからこの馬も相当強いはずという素直な見方です。あれこれ難しく考えないで臨みます。
 何より6番人気あたりで10倍以上つくオッズも魅力的です。

 ミッキーロケットについては不安点も囁かれています。スタートが下手くそなんです。前走の京都記念も出遅れました。名前はロケットなのに発射失敗が度々あります。1枠だけにスタートを決めないと大きなロスにつながります。

 一つのレースの結果だけに拘ってはこれまで失敗ばかりしていますが、この癖は修正できません。

 馬券はまずはミッキーロケットの単勝
  1番 1,000円

 3連複 2頭軸 キタサンブラックとの
  1 , 5 ~ 4 , 7 , 11 , 12 , 13 , 14
     500✕ 6点 = 3 ,000円
  1 , 5 ~ 2 , 3 , 6 , 8 , 9 , 10
     100✕ 6点 = 600円
     

 3連複フォーメーション
  1 ~ 7 , 14 ~ 4 , 5 , 7 ,11 , 12 , 13 , 14
     300✕11点 = 3 ,300円

      合計 7 ,900円


  2017年収支
   購入金額 118,100円
   払い戻し  88,240円

 高松宮記念はセイウンコウセイが馬場、位置取り、ペース、抜け出すタイミングと全てが理想的でした。
 珍しく的中しました。
 この先当分当たらない?