読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

東京新聞杯 エアスピネル 名脇役 からマイル路線の主役へ ここも負けられない! きさらぎ賞も堅すぎる!?

 武豊騎手がやたら元気です。きのう土曜日も3勝と手綱が冴え渡っています。トップの田辺騎手に1勝差に迫る15勝(2月4日現在)と飛ばしています。
 特筆すべきはここまで勝率が0,250、連対率が0,417という驚きの数字です。
 重賞も京都金杯シルクロードSと早や2つ勝っています。

 その武豊騎手は東京新聞杯エアスピネルで臨みます。デビューからずっとこのコンビです。

 エアスピネルは昨年3歳クラシックでは3戦とも掲示板を確保しましたが、3着が最高という善戦マンに終わりました。
 でもサトノダイヤモンドマカヒキというハイレベル世代にあって名脇役としての存在感は示してきました。

 年明けからは適距離のマイル路線に向けて再スタート、金杯では着差は僅かながら無難に勝利しました。
 マイルはこれで4戦3勝、2着1回、2着もG1の朝日杯ですからほぼ完璧の成績です。
 この馬が一番強い競馬をしたのはおととし11月京都競馬場1600mのデイリー杯2歳Sです。
 スピード馬のシュウジを子供扱いする直線の伸びで3馬身半差の圧勝でした。
 完成された強さに感じたものです。
 
 マイル路線で主役を張るためにもきょうの東京新聞杯も負けられません。

 馬券ももちろんエアスピネルからです。
 ただオッズがなあ、、。
 相手有力とされるヤングマンパワーやブラックスピネルなら馬連で4〜5倍ほどです。
 少しでも配当アップを狙って先行するマイネルアウラートと決め手のあるブラックムーンの2頭でいきます。

 馬券
 馬連で 7番から相手 3 , 6
    各 2,000円✕2 = 4,000円
         合計4,000円

 一方きさらぎ賞も少頭数で堅そうですね。
 サトノアーサーで決まりのような馬券の売れ方です。川田騎手も怪我から間に合いました。というか間に合わせたみたいです。

 このレースもサトノアーサーからだとダンビュライトやプラチナヴォイスでは馬連で5倍以下となっています。
 ここもオッズを第一に考えて買います。
 アメリカズカップとエスピリトゥオーゾ。
 根拠はありません。エスピリについては未勝利を勝ったばかりですが、過去にこういう馬が絡むことも何度かあったために狙いました。
 馬券は
  馬連 1番から 6, 7
  各1,000円✕ 2 = 2,000円
  ワイド 1ー6を 1,000円
       合計3,000円

 2017年収支
  購入金額 47,200円
  払い戻し 11,350円
 
 京都は朝から雨です。ゆっくりテレビ観戦します。東西の1番人気馬のレースぶりが楽しみです。