読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

東海ステークス 人気3頭で決まるのか?!アスカノロマンの苦い体験も・・

 稀勢の里がようやく優勝しました。
 この日を待ちに待っていた大相撲ファンはどれほど多かったことでしょう。

 雪で火曜に開催された日経新春杯、シャケトラは直線でいったん先頭に踊る場面もありましたが、ミッキーロケットに差しかえされました。
 うーん、私にとっては大きいハナ差負けです。
 馬券が当たってくれません。
 打つ手がない状態です。

 本日は中京競馬場でダートのG2東海ステークスが行われます。
 サウンドトゥルーアウォーディー、アポロケンタッキーの“新3強”を追いかける馬たちの参戦もあって見逃せません。

 出走馬の中にアスカノロマンの名を見た時、昨年末のチャンピオンズCの苦い体験を思い起こされました。

 3年近く買い続けてきたアスカノロマンでしたが、帝王賞南部杯みやこSの惨敗ぶりからチャンピオンズCでは買うのを断念しました。
 ところがどうですか、先行しての粘りで3着に激走しました。それも勝ち馬とはコンマ1秒差の強い競馬です。
 頭を抱えました。アスカノを見限った天罰に感じたものです。
 
 今回はもちろんあのような失敗は避けたいと思います。アスカノロマンは昨年のこのレースの勝ち馬です。
 そのアスカノ以外では東京大賞典を制したアポロケンタッキーをシリウスSでアタマ差下したピオネロとみやこSで同じくアポロとタイム差なしの2着した明け4歳のグレンツェントが人気を集めています。3頭のなかではグレンツェントが1番人気になりそうです。
 
 どう見ても3頭の力が抜けているように思いますが、3頭で決まるかというとどうですかね?
 ダートに活路を求めてきたラストインパクトや実績のあるインカンテーションなども馬券内に食い込んで来るかも知れません。
 
 馬券は
 3連単 3連複ともフォーメーション
 1 , 8 , 9〜1 , 8 , 9〜1 , 8 , 9 , 6 , 13 , 14
穴馬も3列目に入れました。
  3連単 100円✕24点= 2400円
  3連複 200円✕10点= 2000円
       合計 4400円

 アメリカJCCは
 ぜーヴィント、リアファルが力上位でしょうが、6歳と遅まきながら重賞にも慣れてきたルミナスウォリアーを狙います。
 馬券は 
 単勝6番1000円 複勝6番2000円
      合計 3000円  

  2017年収支
  購入金額 29,400円
  払い戻し    0円

 ピオネロの騎手が福永から川須に乗り替わったんですね。波乱の匂いも?
 とにかく的中したいよー。