読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

菊花賞  カフジプリンス 願ってもない絶好1番枠!2強に一泡吹かせるか・・岩田の晴れ姿が見れるかもしれない、、

 競馬のキャリアと馬券の上手さは全く別物だとつくづく思います。
 若いアイドルなどが自身のコラム予想で、いとも簡単に馬単3連単を的中している結果を見るにつけ、こちらの下手くそぶりに情けなくなります。

 先週も土日とも惜しくもない大ハズレでした。
 府中牝馬S のシュンドルボン、秋華賞のダイワドレッサーともあきまへんでした。
 どちらも唯一の好走歴に乗ってしまいました。総合判断力の欠如です。ダイワドレッサーなんて大外枠なのに無謀でした。

 これで購入金額  45,900円
払い戻し  20,580円
  と回収率も5割を切りました。

  こんな結果が続くと予想したり、馬券を買うのが恐くなります。


 菊花賞でも懲りずに1頭の馬が頭の中を占めるようになりました。
 「また、やらかしてしまうのか、、」

 カフジプリンスが気になって仕方がありません。
 今年の菊花賞はご承知の通り、サトノダイヤモンドディーマジェスティの2強決戦の様相を呈しています。

 2強の人気が抜けているのですが、第3の馬というか、2強に続く馬については見方もいろいろと分かれます。

 春のクラシックでも上位に来ているエアスピネル以外にも穴っぽい上り馬が並んでいます。

 神戸新聞杯組ではミッキーロケット、レッドエルディスト、カフジプリンス、セントライト記念組からはプロディガルサン、別路線組のウムブルフ、レインボーライン、シュペルミエールなどでしょうか。

 その中からカフジに白羽の矢を立てたのは夏の札幌の阿寒湖特別2600芝1000万下のレースぶりです。 外に膨れながらも直線では5馬身差をつける圧勝でした。タイムも上々です。
 この阿寒湖特別の勝ち馬にはマンハッタンカフェファインモーションという大物も名を連ねています。ゲンのいいレースなんです。

 そして前走の神戸新聞杯では直線入り口で詰まるチグハクな走りでしたが、ゴール前で猛然と追い込んで3着馬に迫りました。脚を余して力を出しきっていないようでしたが、スタミナは十分の印象を受けました。

 そして何よりカフジに大きく傾いたのは枠順抽選です。願ってもない1番枠を引き当てました。
 2009年のスリーロールスがオーバーラップしました。
 菊花賞は内枠が断然有利で、ここ4年も優勝馬は1枠、2枠に集中しています。

 久しくJRA の重賞V から遠ざかっている岩田騎手にとっては大仕事のチャンスです。
 体育の日の京都大賞典ではアドマイヤデウスでインを上手く生かして2着に来ています。

 2200m 以上で3勝、父ハーツクライですから長距離は歓迎でしょう。

 馬券の買い方については、2強とどう絡めるかなど、これからじっくり考えて明日の深夜までには決めたいと思っています。