読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

今週もまたガチガチの堅い決着になりそうな・・それでも穴馬を買わずにはおれない、、セントライト記念はステイパーシストの大駆けに!

 先週の京成杯オータムHセントウルS.、紫苑S は全て断トツの1番人気が横綱相撲で完勝しました。 先々週の新潟記念は2番人気と1番人気で決まっています。荒れることで定評のあるレースもどうにも堅くて、穴党の出る幕がありません。
 昨日の土曜日行われた阪神ジャンプも1番人気と2番人気でスンナリでした。

 強い馬が強い競馬をする、これも競馬の醍醐味というのはわかっていますがね。それでもこう堅いとねえ、、。

 こちらは毎回、無理に人気のあまりない馬を買っては大外れの嵐です。

 セントライト記念はどうみてもディーマジェスティの相手探しの一戦です。
 戸崎騎手のゼーヴィントとの組合わせが大きな支持を集めています。ただ配当は超安めなので、スプリングS を制し、皐月賞やダービーでもそこそこ走ったマウントロブソンを相手にといったんは考えました。ただ、追い切りの動きは重たく、十分な仕上げではなさそうです。

 それなら夏の上がり馬を買ってみようと、1度使われているステイパーシストに期待を寄せてみることにしました。
 成績はムラがありますが、未勝利戦や前走の末脚は相当切れるという印象があります。
 この馬に夢を託してみます。オッズ的には魅力いっぱいです。
 また無理買いかな。
 
 一方、ローズS の方はシンハライトとジュエラーのG1 対決を見るだけにしようかな。逆らって無理することないでしょう。
 でも、直前になって人気薄をシンハライトにつけた馬券を購入しそうな気もしています。

 秋のG1 シリーズもそこまでやって来ました。
 資金の調達に悩まされる季節です。

 日曜も結局、堅い馬券なんでしょうね。