読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

 北九州記念 断然主役ベルカントに土がつくなら、この2頭か? ラヴァーズポイント バクシンテイオー。  札幌記念は穴馬を見つけられず。

 札幌記念は昨年の年度代表馬でマイル王モーリスの参戦に沸いています。鞍上も世界のモレイラ騎手、香港G1 を制したコンビです。
 一気に400m 延びる2000m でも王者らしい強さを見せることが出来るかが焦点になっています。
 そしてモーリスに待ったをかけるのがヌーヴォレコルト。あのショウナンパンドラマリアライトの2着した昨年の秋の状態ならば本命を打ちたいほどですが。今年はまだ実績がないので何とも言えません。それよりも岩田騎手ではなく吉田隼騎手になったのが複雑な気持ちです。(岩田騎手はダービーフィズに騎乗)
 穴馬を探したのですが、強く買いたい馬がいないのです。レインボーラインは3歳ということで上位人気ですし、オッズ的な魅力をヒットザターゲットスーパームーンに感じるぐらいなのです。

 さて小倉では北九州記念です。札幌のモーリス以上の人気を集めているのがデムーロ騎手が乗るベルカントです。日曜のお昼前の単勝オッズが1,5倍の圧倒的な支持率です。
 昨年もアイビスSD を勝ち、北九州記念では後のG1 馬ビッグアーサーを封じてサマースプリントの王者に輝いています。今年もアイビスを連覇して万全の状態ですから、不動の人気も当然です。

 そんなベルカントに死角はあるのでしょうか。
 ひとつは56キロのハンデです。牝馬に56キロはそう楽ではないと思っています。
 もうひとつは今の小倉の1200m は外差しが決まりやすくなっています。ゴール前でもつれる可能性があります。

 打倒ベルカント1番手は素直に前走のCBC 賞で、ベルカントに先着したラヴァーズポイントとします。当時のハンデ差5,5キロが今回5キロ差と若干小さくなりますが、好位につけて前走の再現を狙います。松若騎手も関谷記念で見せ場をつくるなど虎視眈々です。

 もう1頭は差しがはまる展開ならばと7歳バクシンテイオーを選びました。この馬についてはオープンになる前から注目してきました。重賞では通用しない成績が続いていますが、去年秋のスワンS ではアルビアーノの4着という走りを見せたこともあります。
 ひょっとすれば最後に突っ込んでくるかもという期待です。何よりも人気薄が魅力です。
 小倉に強い藤岡康の一発に期待しています。

 北海道のモーリス、九州のベルカント
 どちらも強さを誇示するのか、それとも、、。

 オリンピックも終盤を迎え、高校野球も決勝戦です。
 真夏の戦いもクライマックスへ。 

 そして競馬。
 
 テレビの前から離れられません。