読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

アイビスSD はネロが勝つためのレース ウチパクさん!大外をまっしぐらに駆けぬけて!

 先週の中京記念、わがケントオーはどん尻を追走とまさかの展開となりました。直線に入った時点で「もう、あかん」と諦めましたが、ゴール手前ですっ飛んで来てくれました。3着、ぎりぎりで命拾いしました。 位置取りについては不可解ですが、今後につながる末脚でした。

 さて今週の舞台は新潟の1000m直線です。
 JRA の中でも唯一無二の重賞と言えます。
 
 ネロが勝つと信じています。二文字の馬名どおりネロは距離は短ければ短いほどベストです。
 初重賞を狙うネロにとっては、このアイビスサマーダッシュが最大の目標レースでしょう。

 枠も絶好の大外を引き当てました。
 直線競馬は過去4戦2勝2着2回と得意にしています。今年春の韋駄天S で苦杯をなめたプリンセスムーンも今回出走しますが、ハンデが4,5キロ差から2キロ差に縮まりますので大丈夫でしょう。

 この1000m の直線競馬はファンの間でも好き嫌いが分かれているようです。好きな人はスピードが体感できる迫力です。私は大好きなのですが、苦手という人はゴールの順位が分かりにくいという理由からです。
 確かに外側を走っている馬が前に出ているように見えても、ゴールインにかけてカメラをパーンすると内側の馬が先着するケースがしばしば見受けられます。
 
 ネロは大外を先頭で走るはずですから、こちらが安心するためにも大きなリードを保って逃げてもらいたいものです。

 ところで、私の競馬仲間で敬愛するT 先輩もこのレースに入れ込んでいます。T 氏は長年、鉄鋼会社に勤めていたせいか、鉄同様に堅い競馬なのです。堅いというのは堅い本命買いという意味ではなく、買い方の信念が堅い、ぶれないのです。
 短距離はサクラバクシンオー産駒と決めています。
 高松宮記念の時はもちろんバクシンオーの子どものビッグアーサーにドーンと張っていました。
 今回なら当然、ベルカント勝負です。おまけにデムーロ騎手が乗ります。T 氏は騎手に関してもデムーロルメールの両騎手と軸がはっきりしています。最近になって新たに戸崎騎手も加わったようです。
 ベルカントと言えば昨年のアイビスの覇者ですから手強い相手ではあります。
 ついでに言いますと、中距離は明けても暮れてもディープインパクト中心です。
 単調な馬券作戦で、深みがないと思われるかも知れませんが、仲間の中では群を抜いてよく的中しています。

 春のクラシックでのマカヒキ、ディーマジェステイ、シンハライト、 宝塚記念でもマリアライトとディープ勢の活躍は記憶に新しいところです。
 今月に入っても、ラジオNIKKEI がセーヴィント、七夕賞アルバートドッグにダコール中京記念は唯一のディープ産駒出走のガリバルディとディープ産駒が勝利しています。
 T 氏にとって過去のレースぶりや相手関係、展開予想なんて関係ありません。最大の利点は迷いなく軸馬が決まることです。
 競馬をあれこれ難しく考えない、頑固なまでにスタイルを変えない競馬予想には学ぶべきものがあります。

 愛用の新聞も横書きの競馬ブック一筋です。
 競馬場では、空いた台のスペースに新聞をひろげて立ったまま検討するのが定番になっています。
 京都競馬場の6階のラウンジシートのフロアでメガネをかけた年配の男性がいたらT 氏だと思って下さい。

 今回はT 氏には負けてられません。
 ネロのためのアイビスサマーダッシュになるはずですから。
 ウチパクさん!お頼み申し上げます。