読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

ダービー エアスピネル 力は出しきったが・・ 上位3頭は凄まじい強さだった!

 武豊騎手の積極的な騎乗は文句なしでした。
 エアスピネルのレース運びの確かさも存分に発揮してくれました。
 これで負けたら仕方がないという負けでした。

 それでも直線でいったん先頭に踊り出た時は熱くなりました。
 マカヒキとサトノダイヤモンドに交わされても何とか3着と思った瞬間に、ディーマジェスティが飛んできました。

 力負けというか、末脚の切れの差が出ました。

 エアスピネルも強さの片鱗は見せました。
 ただ、惜しむらくというか悲しいかなというか、同世代に末恐ろしい馬たちがいたということですね。

 報道によると、武豊騎手は「思い通りのレースが出来た。直線で抜け出した時は勝つのではと思ったが上位の馬が強すぎた。生まれた年が悪かったね」と語っていたそうです。

 武豊騎手のコメントがすべてを表していると思います。
 
 
 ダービーでハナ差の死闘を演じたマカヒキとサトノダイヤモンド、皐月賞を制したディーマジェスティ。春のクラシックを巡る3頭の闘いはファンの胸に深く刻まれたことでしょう。
 私の胸にはエアスピネルの名もしっかりと。