読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

ミルコ・デムーロ 重賞5連勝  恐るべし!勝負強さ       5日間を調べたら 意外にも、、

 ご承知のようにミルコ・デムーロ騎手が中山記念をドゥラメンテで制して、開催5日連続の重賞勝利を達成しました。

 毎度、毎度、勝利インタビューで「凄い、凄い」
「強い、嬉しい!」と日本語で語るデムーロ騎手の笑顔を見せられています。
 他の騎手はなすすべもなく、まさに向かうところ敵なしです。
 重賞5連勝の馬を改めて記します。

 京都記念 サトノクラウン  6人 920円
 京都牝馬S クイーンズリング 1人 470円
 フェブラリーS モーニン   2人 510円
 アーリントンC レインボーライン 4人680円
 中山記念  ドゥラメンテ  1人 210円

 これを見ても分かるように、決してガチガチの本命馬ばかりに騎乗したのではありません。
 ドゥラメンテを除いては、デムーロ人気にかかわらず、単勝が470円から920円とそこそこの配当金となっています。
 これは重賞でのデムーロ騎手の神がかり的な勝負強さを如実に示しています。 

 各馬の特性に合わせて、時には大胆なレース運び、絶妙な仕掛けのタイミング、とりわけゴール前の接戦における際立つ強さなど、冴えに冴えた騎乗ぶりには恐れ入るだけです。

 乗れば勝つというイメージのデムーロ騎手の5日間の成績を調べて見ました。
 各日のレース順に並べました。

 2月14日
 2着 2着 2着 3着 7着 4着 1着 2着
  (1着はサトノクラウン 京都記念)

 2月20日
 8着 2着 8着 2着 2着 4着 2着 6着 1着
  (1着はクイーンズリング 京都牝馬S )

 2月21日
  11着 6着 6着 3着 6着 15着 6着 3着     1着  9着
  (1着はモーニン フェブラリーS )

2月27日
  3着 1着 4着 4着 9着 2着 10着 5着
  1着   7着 
(後半の1着レインボーライン アーリントンC)

2月28日
  13着 7着 16着 1着
 (1着はドゥラメンテ 中山記念)

 意外や意外、重賞とは裏腹にその他のレース着順はデムーロ騎手にしては物足りません。
 5日間で重賞の5勝以外には僅か1勝止まりです。
 これをどう評価していいものやら。
 大きなレースになれば無類の強さを発揮する証でしょうか。
 まるで本人の1日のピークを、メインの重賞に合わせて持ってきているように思えるほどです。
 
 この結果は単なる偶然かも知れません。
 今週からは、朝から条件戦でも勝ち星を伸ばすことになるのかな。

 さて重賞施行機会5連勝は、98年の武豊騎手に並ぶ記録なんですね。
 デムーロ騎手は今週の土曜日のチューリップ賞でジュエラー、日曜日の弥生賞ではリオンディーズという有力馬に騎乗します。
 
 記録更新のかかる週末も、またまたデムーロ様が主役になるのでしょうか。