読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

中山記念 ドゥラメンテ始動も  福永リアルスティールに勝機あり!?

 ドゥラメンテがターフに戻って来ます。

 皐月賞、ダービーと圧倒的な強さで2冠馬となったドゥラメンテ、マイル王モーリスと共にJRA の看板馬です。

 能力は1枚も2枚も抜けており、中山記念はドゥラメンテがどんな勝ち方をするかだけが焦点でしょう。
 とこう書きましたが、完調だったらの話です。
 骨折で9ヶ月ぶりの復帰戦となる今回の信頼度はどうなんでしょうか。
 日曜午前の段階の単勝オッズが2倍ちょっとというところが微妙なとこです。本来なら1倍台と思われますから、若干の不安もオッズに反映されているようです。
 この日に向けて、丹念に稽古を重ねてきたということですが、本当の仕上がり具合の中身は馬に聞いて見ないと解らないのではと思います。

 復帰と言えば、福永騎手もリーディングを独走しながら、昨年秋の落馬負傷以来3ヶ月半ぶりに今月戦列に戻りました。
 それに合わせて、リアルスティールがドゥラメンテに挑みます。

 リアルスティールはデビューからずっと福永騎手がまたがっています。
 この馬でG1 をという思いは相当強いものがあります。これまでのインタビューでの発言からもうかがえます。

 昨年春のクラシックではドゥラメンテに決定的な差をつけられました。
 今回は唯一負かしている1800m 戦です。加えてハンデも2キロの利があります。
 リアルスティールに勝機あり、福永騎手の快気祝いになるのではと見ました。
 (私の予想はまず外れるからなあ、、、)

 このレースには知っての通り、イスラボニータ、アンビシャス、ロゴタイプといった強豪の他、ラストインパクトやフルーキーなど実力馬も名を連ねています。
 今年の古馬中距離界を展望する上で興味の尽きない中山記念です。

 ドゥラメンテがあっさり復帰戦を飾れば、もちろん大拍手です。
 また、また、また、また、また、デムーロ騎手かとなりますね。

 福永騎手も存在感を示して欲しいなあ。