読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

東西の金杯 軸馬が決められない・・・

 サウジアラビアとイランの対立による中東情勢の緊迫、中国経済の減速懸念による世界同時株暴落など波乱の年明けとなっています。
 平和と社会の安定の中で競馬をしたいものです。

 さて金杯ですが、東西とも軸馬選びが難解です。
 有力馬にも不安要素があってビシッと推せないのです。私の決断力のなさなんでしょうが。

 ◼中山金杯は前走のチャレンジCで初重賞V のフルーキーが人気の中心になっています。この馬は重賞勝ちが遅すぎるぐらい早くから能力の高い走りを見せていました。マイルから1800m が適性と思っていただけに、2000m がどう出るかでしょう。
 勢いのあるデムーロ騎手と角居厩舎のコンビの連勝記録も注目ですが、ハンデの57,5キロは少々心配です。
 
 本来なら、札幌2歳S を勝った時からクラシック候補と評された明け4歳のブライトエンブレムが本命馬に相応しいのかも知れません。ただ久しく勝利から遠ざかっていて、成長力にやや疑問も感じます。
 ルメール騎手が後方待機からの捲り、差しという破壊力を引き出せるかにかかっています。

 福島記念を勝って勢いのある4歳ヤマカツエース、同じく4歳で重賞の常連べルーフ、このクラスのお馴染みマイネルフロスト、相手関係はともかく安定した成績のネオリアリズム、地力のあるステラウインド、ディープインパクト産駒のバロンドゥフォールなどあれもこれも気になるメンバーです。
 あと若手騎手の中で成長著しい石川騎手のライズトゥフェイムです。この馬も昨秋の2戦が好印象です。石川騎手もひそかに重賞初勝ちを狙っていることでしょう。
  
 そんなこんなで軸を1頭に絞ることができませんでした。
 馬券は3頭ボックスの馬単でヤマカツエース、ブライトエンブレム、ライズトゥフェイムにしました。1番人気のフルーキーはハンデ頭を嫌って外しました。でもデムーロは恐い!

 お正月なので大穴運試し馬券は前走脚質転換?したスピリッツミノルの単複をほんの少々。

京都金杯は5枠の2頭に目がいきました。
 オメガヴェンデッタスワンS のアルビアーノの3着が拠りどころです。マイルを克服できるかがポイントですね。

 もう1頭はマジェスティハーツです。森騎手に平地初重賞勝ちを願って、以前からこのブログでもこのコンビを応援しています。
 ここ2走は大敗、また冬場はダメな馬ですが、マイルの外回りで切れのある差しが復活してくれないかなあという願望です。

 もちろん実力ピカ一のトーセンスターダム、このレースで1着と2着と相性のいいエキストラエンド、いかにも開幕の京都が合いそうなウインプリメーラ、絶好枠のシベリアンスハーフなど上位を伺う馬も目白押しです。

 このレースの馬券はあれこれ考えずに
オメガヴェンデッタとマジェスティハーツの単勝
複勝で勝負します。

 あともう2年間ずうっと買い続けている言わばお手馬のテイエムタイホー、今回もお正月の夢馬券にします。

 京都祗園の花見小路にあるウインズも初福を願うファンで賑わいをみせています。
 正月に近所の神社で引いたおみくじは吉、運は西よりとありました。
 さてどうでしょうか。