読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

秋華賞 万一大荒れならこの馬?

 秋華賞は予想通りミッキークイーンが一番人気、
タッチングスピーチ、レッツゴードンキ、トーセンビクトリーの順で人気が推移しています。
            (レース当日午前)
 ローズS の1着から4着の馬たちで、逃げたレッツゴーと後方から差して来た馬3頭が人気の上位を占めています。
 これまでのデータの通り、ローズステークス出走組が強いんでしょうね。
 秋華賞は内回りの2000m が大きなポイントです。万が一波乱が起きるとすれば、有力馬が差し届かないケースしか考えられません。
 そうなった場合、ある程度前の位置を取れる馬がこわいと思っています。

 私の中で、ひょっとしたらひと泡吹かせるのでは、、、?の人気薄の2頭が浮かび上がりました。

 最も気になるのは3枠6番のマキシムドパリです。春までは堅実だが勝ちきれない戦績でしたが、
ひと夏を越して馬が変わったように感じるのです。
 休養明けの阪神の甲武特別(芝2200m)では500万下とは言え、これまでのイメージを一新する直線の切れ味でした。何度もVTR で確認しました。
 何より馬体重が前走から一挙に24キロも増えての快勝だったことです。食欲も戻って、パワーにつながったのではと解釈しています。

 もう一頭は4枠8番のホワイトエレガンスです。
 この馬もローズS を制したタッチングスピーチと同じように北で力を付けました。
 函館と札幌で古馬相手に、50キロの軽ハンデながら先行して500万、1000万を連勝しました。
 トライアルの紫苑S も、無難に2着して権利を取りました。だのに全く人気がありません。
 タッチングの他ディサイファやウキヨノカゼなど、ここ最近この夏に北海道で活躍した馬たちの好走が追い風になってくれればいいのですが。

 奇しくも芦毛馬の2頭になりました。
 淡い淡い願望です。来たら大変な事になります。

 G1 レースは極端に弱い私ですが、懲りずにこの2頭は密かに狙って見ようと思います。
 馬券の種類は何にしようかな、、、。