読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

小倉記念 テイエムイナズマに食指が動く!不安点も点検しました。

先週のアイビスSD は私のネロと先輩T 氏のベルカントの一騎討ちとなりましたが、最後は私の勝負弱さが露呈しました。 今週は真夏の小倉名物、小倉記念芝2000m です。オリンピックが始まろうと、競馬が一番の心意気で予想しました。 いかにもローカルの重賞ら…

アイビスSD はネロが勝つためのレース ウチパクさん!大外をまっしぐらに駆けぬけて!

先週の中京記念、わがケントオーはどん尻を追走とまさかの展開となりました。直線に入った時点で「もう、あかん」と諦めましたが、ゴール手前ですっ飛んで来てくれました。3着、ぎりぎりで命拾いしました。 位置取りについては不可解ですが、今後につながる末…

中京記念 チャンス到来! ケントオーの馬券をお腹一杯食べたい・・

燃え盛る夏というのに、馬券の方は冷えきったままです。でも今週末は気合が入っています。 わたしのお手馬「ケントオー」に全力投球です。 遂にその時が来た!ケントオーが今後飛躍できるかどうか、今回がターニングポイントになるような気がしています。 ケン…

函館記念 距離、枠順とも厳しいのを承知でトゥインクルに淡い期待を・・無謀かな?

先週のマジェスティハーツはこちらの心配した通り、後方ポツン一人旅で話になりませんでした。 「横典なら、またやりよるで」と仲間からは予告されていたのですが、、。スタートしてすぐに馬券は遥か彼方に消え去りました。 さて函館記念です。 さっきまでは、…

七夕賞 乗り替わり心中複雑も マジェスティハーツ 横典さんよ!後方一人旅はやめとくれ・・

連日猛暑となっています。参院選の投開票と重なる今週末は福島恒例の七夕賞です。 混戦ムードが漂っています。 悩みましたが、マジェスティハーツでいきます。 マジェスティと言えば森一馬騎手ですよね。 このコンビで人馬初重賞をとずっと応援してきました…

ラジオNIKKEI 賞 仲間の推す牝馬ダイワドレッサーに乗っかってみた!果たして・・

「この馬でも十分勝負になると思っているんや」と仲間がふともらした一言。 昨夕、いつしょに食事をした後、喫茶店で競馬談義に花を咲かせた際の一コマです。 競馬仲間のN君は私より年下ながら、予想の眼力は私なんかとは比べ物にならないくらい優れています。…

CBC 賞 スノードラゴン 8歳 58,5キロ 厳しい条件もG1 馬ならきっと!

「こんなに弱い馬ではない」と、こちらが強がっても、結果を見ればなにをか言わんやです。 太宰騎手と人馬一体となって帝王賞を狙えるところまで来たはずでした。 日刊スポーツ(関西)の本紙本命もアスカノロマンでした。かなりの人気にもなっていました。 水曜…

帝王賞 2年5ヶ月買い続けているアスカノロマンの晴れ姿が見たい!

宝塚記念、期待したシュヴァルグランは全くいいところがなく、直線に入る前に終わってしまいました。9着という結果は距離なのか、道悪なのか、そもそも力が足りなかったのか、私には不明です。力が足りなかったのは私の予想力だという点ははっきりしました。…

宝塚記念はG1 未勝利馬に夢を! シュヴァルグランを応援します・・

先週の函館スプリント、我がアクティブミノルは3番手を進み、馬なりで4コーナーを回って「よっしゃ」と気合いが入ったとたん伸び脚が鈍りました。 高松宮記念のあの脚は繰り出すことなく4着に終わりました。残念!やっぱし私が買った馬は思い通りになりません…

函館スプリントS   ムラ馬返上の兆し? アクティブミノル 原点はここだ!

宝塚記念を前にして、はや北海道競馬が始まります。 夏競馬のスタートです。 開幕週はおなじみの函館スプリントS が組まれています。短距離路線を歩む馬たちは、一部の強豪を除いて夏も仕事をします。 夏の好走が秋のG1 につながるケースもありますし、賞金…

これぞハンデ重賞 マーメイドS は稀にみる大混戦! 51㌔ヒルノマテーラで高配狙い

春のG1 シリーズは、毎度書いているようにボロボロの結果となりました。 今週からは気分一新で臨みます。気持ちを切りかえても的中は保障されているものではありませんが、、。 阪神競馬場のマーメイドS のオッズをご覧になりましたでしょうか。 究極の大混…

エプソムC 充実の6歳 強いフルーキーが見たい!

京都駅ビルで開かれている「武豊展」に足を運びました。 スーパークリーク、メジロマックイーン、エアシャカール、キズナ、そしてディープインパクトなどなど、時代を彩った名馬たちの雄姿がズラリと展示されています。 30年が凝縮した時の空間を堪能しました…

安田記念 打倒モーリスはサトノアラジンではなく ロゴタイプだったとは・・ アッと驚く田辺 会心の逃げ!

今回の安田記念、サトノアラジンには少なからず自信がありました。 しかし終わってみれば、いつもと同じガックリのG1 の夜です。夜が深まるにつれて、おのれの情けなさがじんわりと身に染み込みます。 またもやトンネルを抜けることはできませんでした。 こ…

安田記念「昨日の敵は、今日の友」「去年の友は、今年の敵」 ダービーJ 川田が燃える!打倒モーリスはサトノアラジン?!

「昨日の敵は、今日の友」競馬という勝負の世界ではしばしばある事です。その逆もしかり。今年の安田記念の見どころと思っています。 サトノの冠名でお馴染みの里見治氏はまだG1 勝利がありません。これについて最近、メディアなどでもよく話題として取り上げ…

安田記念 マイル王者 モーリスのことを少し調べてみました

マカヒキとサトノダイヤモンドの歴史的な勝負に沸いた東京競馬場。ダービーの次は安田記念です。 昨年の年度代表馬、モーリスが登場します。 現在7連勝、G1 4連勝中で向かうところ敵なし、 まさに世界のマイル王と言っても過言ではないでしょう。 モーリスの…

ダービー エアスピネル 力は出しきったが・・ 上位3頭は凄まじい強さだった!

武豊騎手の積極的な騎乗は文句なしでした。 エアスピネルのレース運びの確かさも存分に発揮してくれました。 これで負けたら仕方がないという負けでした。 それでも直線でいったん先頭に踊り出た時は熱くなりました。 マカヒキとサトノダイヤモンドに交わさ…

ダービー 人気急降下のエアスピネル 元祖クラシック候補は僕だった・・

4強による最強決戦となるのでしょうか。 とてつもない馬たちが揃ったダービーです。 皐月賞は8番人気で単勝オッズが30,9倍だったディーマジェスティが前日土曜日の夕方時点で3,0倍の1番人気。2歳NO 1を決める朝日杯で1,5倍のエアスピネルが18,5倍もつけてい…

ダービー  あらぬ仮説(妄想)も、、データ的には起こりそうにはない?・・が

ダービーが迫りました。 オーナーも騎手も厩舎スタッフも競馬記者も、そして我々競馬ファンにとっても、東京優駿は特別なレースです。 2013年生まれのサラブレット約7000頭の頂点、栄冠はどの馬が手にするのでしょうか。 今年はかつてないほどのハイレベル戦…

オークスはうたかたの夢 ペプチドサプル力尽きる・・ さすがシンハライト真ん中を突き抜けた!

直線に入って、一瞬「オヤッ」と夢を見ました。 声が出る寸前でした。 ウ~ン。 今回のペプチドサプルは3着内は十分狙えるとみていました。 馬券は単複、シンハライトとの馬連、ワイド、3連複で早々に購入しました。 ペプチドサプルの単勝オッズは、前日からず…

オークスは抽選組から ペプチドサプルの大駆けがあるかも? 四位騎手の手腕に期待します!

春のG1 シリーズも今週末のオークス、次週のダービーと東京競馬場もお祭り気分が一層盛り上がります。 こちらは一向に的中馬券を手にすることができません。このまま、宝塚記念まで黒星街道を走りそうです。 ジュエラーの離脱で今年のオークスはシンハライト…

強さに参りました! 7歳ストレイトガール&戸崎 ヴイクトリアマイル連覇

この馬を頭に、本命に予想できる人ってどんな脳の回路になっているのでしょうか。 私など、とてもじゃないけど無理です。不可能です。 前走の阪神牝馬S のレースを見ましたよね。 好位を進みながら、直線で沈んで13頭立ての9着ですよ。スマートレイアーやミ…

ヴィクトリアマイル 強くなりました!マジックタイム この距離なら戦える?

2070万円馬券に腰を抜かしてから1年経ちましたか。昨年のヴィクトリアマイルは、優勝したストレイトガールよりも3着に劇走したミナレットの印象が強烈に残っていますね。何せしんがり人気、単勝オッズ291,8倍が逃げ粘って大波乱を起こしたのですから。鞍上は…

ルメールさん あの桜花賞は何だったの・・ NHK マイルC メジャーエンブレム桁違いに速くて強かった!

自分がメジャーエンブレムを見切った時点で、こうなる予感がしていました。 スタートからゴールまで文句なしではないですか。メジャーのスピードには牡馬の強豪たちもまるで歯が立ちませんでした。 こんな強い馬が、、ルメールさん、あの桜花賞の走りはいっ…

メジャーエンブレム 今回は本当に大丈夫? NHK マイルは戸崎イモータルに託す!

春のクラシックが始まってから1ヶ月、まさかの競馬が続いています。 桜花賞ではテスコガビー級とまで称されたメジャーエンブレムが先行できずに4着、皐月賞では3強以外から勝ち馬、天皇賞では有馬記念馬のゴールドアクターがよもやの12着、またG2のマイラー…

トゥインクル全く通用せず・・ キタサンブラック4センチ差し返して制覇  天皇賞は今年も波乱の結末に

「やっぱりやあ。無理やったか」と自分の声が聞こえてきました。 トゥインクルは13着とまったく歯が立ちませんでした。 派手な勝ちっぷりに「これは強い!」と惚れ込んではボコボコにされる。 素人が飛びつきやすい典型的な馬を買ってしまいました。自分はなんて…

天皇賞 ゴールドアクターに敬意を表しつつ、 トゥインクルを買いたい衝動が・・通用するかな?

天皇賞です。古馬クラシックです。 中距離志向が強くなった今、3200m を競う春の天皇賞はどこか昭和を感じます。 曜日に関係なく、4月29日に施行されていた頃が懐かしくもあります。 今年は、有馬記念を制したゴールドアクターを巡っての戦いの構図になって…

あぁ~鮫島良太 フィエロ4着馬券にならず  マイラーズC 4歳クルーガーが安田記念に名乗り

今夜も筆が重いです。望む結果にはなってくれません。 あぁ~。 彼の騎手人生を左右すると言ってもいいぐらいのチャンスでした。 しかし、競馬の神様もあの位置からではどうにも できませんでした。 こちらが描いていたレース内容からは余りにもかけ離れた、…

重賞初勝利が鮫島良太なら感動ものだ・・ マイラーズC  フィエロを応援せずにはいられない

今週末はG1 は中休み、京都競馬場ではマイラーズC が組まれています。安田記念の前哨戦とはいえ、出走予定馬は変わりばえしないメンバーが多く、新鮮さに欠けるレースとの印象を持っていました。 今更フィエロでもないし、3連勝中のネオスターダムの事でも書…

皐月賞 蛯名ディーマジェスティ3強をなぎ倒す  無念!サトノダイヤモンド輝けず・・2着にマカヒキ ディープが上位独占

「全てがうまくいった。こういう展開が一番チャンスがあると思っていた」という蛯名騎手のコメントがレースのすべてを物語っていました。 それにしても、史上空前の3強決戦というふれ込みは何だったのでしょうか。 まあ競馬ではよくあるのですが、、。 日曜の…

皐月賞 揺れて悩んでサトノダイヤモンド お願い!今度こそルメール

皐月賞の枠順が発表されました。注目の3強は内から順にマカヒキが2枠3番、サトノダイヤモンドが6枠11番、リオンディーズは8枠16番となりました。 単勝1,5倍メジャーエンブレムの桜花賞ショックを引きずっています。 今回も私の推す馬は来ないのではないかと…

桜花賞 止まり木ブルース やったぜ!健坊  久々の快挙 分厚い配当だ!

日曜の夜、バー「再会」ではさぞかしのドンチャン騒ぎが遅くまで繰り広げられたことでしょう。 止まり木ブルースでお馴染みの健坊が桜花賞の3連単で久々に息を吹き返しました。 待ってました。おめでとう!健坊。 土曜日発行の日刊ゲンダイに連載中の止まり木…

何故だ?メジャーエンブレム先行できず  桜花賞はジュエラーがハナ差制す またもやデムーロが来た!

自分にとっては、まさかの桜花賞になりました。 結果というよりもレース内容です。クイーンC の走りを見た時から、スピードの絶対値の違いで、桜花賞はこの馬だと決めつけていました。 相変わらず甘い予想でした。 「それでも言いたい!なんでや、、」 土曜日…

桜花賞 本命メジャーエンブレムに対抗の2頭で決着? メジャーに土つけたデンコウアンジュはまぐれだったのか!

桜花賞です。連日、近くの桜並木を散策して気分を盛り上げています。今年こそ馬券を満開にしたいものです。桜花賞という若い女の子のレースは手強く、なかなかこちらの狙い通りにはいきません。 今年はメジャーエンブレムというダイワメジャー産駒の2歳女王…

大阪杯 アンビシャスG1 馬5頭に完勝! 横山典ノリノリ冴えた先行策

関西テレビ競馬中継のゲスト安藤勝己元騎手はレース前「ドバイのレースをみても、今年の4歳馬は世界のトップレベルで強い!」と前走ドゥラメンテにクビ差に迫ったアンビシャスを迷うことなく本命に挙げていました。 ただ今日の阪神競馬場の芝レースは、先行か…

大阪杯登場 ショウナンパンドラ 強い牝馬たちが競馬の歴史を塗り替える!

日曜日の大阪杯はG1 級の豪華なメンバーとなりました。 昨年のジャパンカップを制したショウナンパンドラもこのレースから始動します。 この馬がジャパンカップを勝った際、このブログでショウナンパンドラが牝馬最強伝説を継いだと書きました。 近年の競馬…

ビッグアーサー 高松宮記念優勝!  大舞台で一気に能力開花   こんなレースを待っていた!

高松宮記念はビッグアーサーが1分6秒7のレコードで1番人気に応えて優勝、初の重賞勝ちをG1 で飾りました。 やっぱり強かった! 福永騎手は2年5カ月ぶりのG1 勝利、また管理する藤岡健一調教師は開業15年目で初めてのG1 制覇です。 「まばたき禁止!スピード勝…

高松宮記念 新星、大器と謳われた  ビッグアーサー G1 の舞台で   果たして・・

昨年の優勝馬で香港のエアロヴェロシティに続いて、ダンスディレクターも出走を回避となりました。サラブレツトに故障はつきものとは言え、今回は短距離界の強力馬が勢揃いすると思っていただけに、有力2頭の回避は残念です。 さて標題のビッグアーサーです…

シュヴァルグラン 重賞初制覇   天皇賞に向け示した長距離適性  

前回のブログで、今年の阪神大賞典を天皇賞の前哨戦としては何とも手薄なメンバーと散々嘆きましたが、シュヴァルグランの堂々とした勝ちっぷりに救われた気分です。 1番人気のシュヴァルグランは中団から少し離れた7番手の位置でじっとしながら進みます。あ…

阪神大賞典 レースの名が泣く、、  何とも手薄なメンバー     初重賞なるかシュヴァルグラン

「何とも魅力に欠けるなあ、、。このメンバーでお客さん集まるの? これでも優勝すれば6700万円か、、」 とこんな声が聞こえてきそうです。 芝3000m で行われる阪神大賞典は、伝統と格式を誇る春の天皇賞の前哨戦です 出走馬には申し訳ないのですが、今年の11…

アウォーディー 名古屋大賞典   圧巻の大差勝ち! 目指せ帝王賞

水を得た魚という表現がぴったりの強さでした。 これでダートは3戦3勝、どれもが痺れるような直線の切れ味です。しかも走る度に凄みが増しています。 17日の名古屋大賞典(1900m )でアウォーディーは2着馬に2秒4もの大差をつけて圧勝しました。4コーナー手前…

 まさか、後方からとは・・   ダイアナヘイロー4着で権利取れず   

一番の売りは、すっと先行できるスタートセンスとスピードでした。枠も絶好の3番枠です。 今回はちょっぴり自信もありました。 エルフィンS のレースぶりもしっかり目に焼きついています。 それが、、、。 スタートした瞬間、すっと出てくるはずの黒い帽子が…

久々のキングヘイロー産駒     ダイアナヘイローを応援     どうか桜花賞切符を

日曜日は阪神競馬場で桜花賞トライアル、華やかな桜の季節ももうそこまで来ています。 フィリーズレビューの出走馬の中に、キングヘイロー産駒の名があります。 ずいぶん久しぶりのような気がします。 今回はロマン馬券です。ダイアナヘイローにぜひ桜の舞台…

サトノダイヤモンド マカヒキ  リオンディーズ 凄い3頭だ!   3強の皐月賞が待ち遠しい

タイトルに入る前に、昨年の3歳牡馬春のクラシックが始まる直前に戻ってみました。 その時点では勿論ドゥラメンテの1強ではなく、昨年も3強と言われていました。 皐月賞の単勝人気はサトノクラウンが3,1倍、 リアルスティールが3,8倍、ドゥラメンテは4,6倍で…

ミルコ・デムーロ 重賞5連勝  恐るべし!勝負強さ       5日間を調べたら 意外にも、、

ご承知のようにミルコ・デムーロ騎手が中山記念をドゥラメンテで制して、開催5日連続の重賞勝利を達成しました。 毎度、毎度、勝利インタビューで「凄い、凄い」 「強い、嬉しい!」と日本語で語るデムーロ騎手の笑顔を見せられています。 他の騎手はなすすべも…

中山記念 ドゥラメンテ始動も  福永リアルスティールに勝機あり!?

ドゥラメンテがターフに戻って来ます。 皐月賞、ダービーと圧倒的な強さで2冠馬となったドゥラメンテ、マイル王モーリスと共にJRA の看板馬です。 能力は1枚も2枚も抜けており、中山記念はドゥラメンテがどんな勝ち方をするかだけが焦点でしょう。 とこう…

阪急杯 密かに狙っていた    ケントオー あぁ、大外とは・・

日曜日に組まれている重賞レースの枠順は、特別なG1 を除いて金曜日の午前10時過ぎにJRA のホームページにアップされます。 この金曜も「どうか外枠は勘弁して」と願いながら、スマホの出馬表を1枠から順に下にスライドしていきました。 お目当ての馬名がいっ…

「太宰!」アスカノロマン際どく3着 フェブラリーS は4歳モーニン   最短7戦でコースレコード

「太宰!太宰!来てくれ」とテレビに向かって声を張り上げました。 息を飲むゴール前、グイッと頭が出ました。 スローで改めて確認、「3着だ」 固まっていた全身からすうっと力が抜けていくのをはっきり感じました。 「助かった・・」 日曜日は春を呼ぶ京都マラソ…

フェブラリーS  アスカノロマン 「太宰!よっしゃ!」と叫びたい

日曜日はフェブラリーS G1 です。 迷わずに買う馬がいます。 先々週のブログで、3年間買い続けているテイエムタイホーの事を熱く書きましたが、別のお手馬がG1 へ参戦します。この日を待ちわびていました。 アスカノロマン牡5歳、父はアグネスデジタル。 手…

クイーンC メジャーエンブレム   まあ!速いこと 強いこと    レースレコード大幅更新

呆れるほどの強さでした。 メジャーエンブレム。 父ダイワメジャー 母キャッチータイトル 母父オペラハウス テンよし、中よし、終いよし。 もっと言うなら テン(いち)、中(いち)、終い(いち)とでも。 かつてのテスコガビーの再来のようでした。 ゲートが開い…

東京新聞杯は熱く応援します。  お手馬テイエムタイホー頑張れと  頼むぞ!戸崎騎手

私が一番長く付き合っているテイエムタイホーのことを書きます。 この馬の馬券を最初に買ったのは2013年3月2日、小倉の500万下八代特別、芝1200m です。 テイエムタイホーは先行しての差しきり勝ちでした。 その前のレースで15番人気の2着という成績になぜか…