読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬の前に、馬

馬券下手が競馬をすれば、いかに負けるかを実証

京都記念 マカヒキ➕ムーアで決まりなのか?ミッキーロケットも強くなりました!

 昨日のクイーンカップはアドマイヤミヤビの強さだけが目立ちました。フローレスマジックはやっとこさの3着と完敗に終わりました。

 じっくり考えた末、アドマイヤミヤビよりフローレスが上と読んだのですが、、。
 いつものように甘い見立てでした。
 久々で18キロ増についても前走大きく減らしていたのであまり気にしていませんでしたが、仕上がりも十分でなかったようです。
 
 フローレスが1番人気になるだろうという予想も外しました。
 夜間発売の段階ではフローレスが最も売れていましたが、当日にはアドマイヤが1番人気になっていました。アドマイヤを押し上げたファンの目は確かでした。
 何から何までヘボ予想のレースとなりました。

 雪も収まった京都競馬場では京都記念が行われます。
 第110回って多いなあと思って調べたら、以前は春と秋の年2回で84年から年1回になり、95年から今の2200mになったとか。いずれにしても伝統のレースで古馬の一流どころも登場してきます。

 今年は昨年のダービー馬マカヒキが満を持して姿を見せます。加えて世界のムーアが手綱を取ります。万全のムードがいっぱいで勝てば大いに盛り上がる事でしょう。

 あっさり勝つ可能性はかなり高いと思われますが、今回は不安点もあります。
 1つは前走の凱旋門賞の大敗ぶり、原因も不明とのこと。それと私の頭の中では海外帰り緒戦は走らないというデータが染み込んでいます。
 あのモーリスでさえ安田記念で2着に敗れています。

 もう1つはは年が開けてからディープインパクト産駒の成績がぱっとしません。天候不順の影響なんでしょうか?先週のサトノアーサー、きのうのフローレスマジック、特別や平場のレースでも凡走が目につきます。
 杞憂で終わればいいのですが。

 昨年の覇者で香港ヴァーズを制したサトノクラウンも海外帰り緒戦となります。
 強い時は滅法強いのですが、負けっぷりも派手です。正直よく分かりません。

 上記2頭については割り引きたいと思います。
 ここは使っている強みでミッキーロケットの単勝で勝負します。
 
 神戸新聞杯サトノダイヤモンドと叩き合い、先月の日経新春杯ではシャケトラを差し返して重賞初制覇と力もつけてきました。
 おそらくマカヒキよりは前のポジションを取れるし、斤量差もあります。
 和田騎手も年明けから好調です。

 馬券は
  単勝 9 番 ミッキーロケット
        3,000円
    
 マカヒキですんなりでもいいじゃないかの気持ちでミッキーロケットを応援します。

 2017年収支
   購入金額 60,400円
   払い戻し 23,290円
 
 

クイーンカップ ここはフローレスマジック、戸崎なら軸は大丈夫!

 日本海側を中心に大雪となっています。
 土曜競馬の京都と小倉の夜間発売が取りやめとなるなど土曜、日曜の開催に影響が出るかも知れない状況です。京都市内も雪が積もって来ました。

 今週はG1につながる重賞が三つも組まれています。土曜日にはデイリー杯クイーンカップです。
 東京競馬場は雪の心配はないようです。

 昨年はメジャーエンブレムが1分32秒5のレースレコード、スタートから圧倒的なスピードで5馬身もぶっちぎる衝撃的な走りでした。

 今年もクラシック戦線を賑わしそうな有力馬も参戦してきました。

 今回はディープインパクト産駒のフローレスマジックの軸で大丈夫と見ています。おそらく1番人気になると思います。
 鞍上はルメールから戸崎に乗り替わります。
 
 フローレスは前走アルテミスSでリスグラシューに迫る2着、上がりタイムは最速でした。
 リスグラシューと言えば3歳牝馬では現在1、2を争う強い馬で、暮れの阪神JFで出遅れながらソウルスターリングの2着ですから、フローレスマジックも相当な器のはずです。

 戸崎騎手も先週は3勝2着5回としエンジンがかかってきました。今年1つ目の重賞制覇のチャンスです。

 アドマイヤミヤビはカデナに勝利したこと、ルメールがこちらを選んだことで高評価されていますが、外枠はやはり気になります。

 重賞馬のレーヌミノルのスピードも外せないところですが、マイルは少々割引ですかね。

 不気味なのはディープ産駒のハナレイムーン、僅か1戦のキャリアながら、0,5秒突き抜けた切れ味が光ります。

 穴馬ではモリトシラユリ、前走の末脚はちょっとしたものでした。

 前走3着以内の馬が合わせて12頭もいます。伏兵が潜んでいるかも知れません。

 馬券
  3連単 頭固定ながし
   6 番〜相手 3 , 8 , 12 ,15

     12点✕100円=1,200円
  
  3連単フォーメーション
   3 ,6〜 3, 6 ,15〜3, 6 ,15, 4 , 8 ,11 , 12
    
     20点✕100円=2,000円
      
   3連複 軸1頭ながし
    6〜3 ,4 , 8 , 11 ,12 ,15
       
     15点✕200円=3,000円

     合計 6,200円

  2017年収支
   購入金額 54,200円
   払い戻し 20,950円

 
    
   

 

東京新聞杯 エアスピネル 名脇役 からマイル路線の主役へ ここも負けられない! きさらぎ賞も堅すぎる!?

 武豊騎手がやたら元気です。きのう土曜日も3勝と手綱が冴え渡っています。トップの田辺騎手に1勝差に迫る15勝(2月4日現在)と飛ばしています。
 特筆すべきはここまで勝率が0,250、連対率が0,417という驚きの数字です。
 重賞も京都金杯シルクロードSと早や2つ勝っています。

 その武豊騎手は東京新聞杯エアスピネルで臨みます。デビューからずっとこのコンビです。

 エアスピネルは昨年3歳クラシックでは3戦とも掲示板を確保しましたが、3着が最高という善戦マンに終わりました。
 でもサトノダイヤモンドマカヒキというハイレベル世代にあって名脇役としての存在感は示してきました。

 年明けからは適距離のマイル路線に向けて再スタート、金杯では着差は僅かながら無難に勝利しました。
 マイルはこれで4戦3勝、2着1回、2着もG1の朝日杯ですからほぼ完璧の成績です。
 この馬が一番強い競馬をしたのはおととし11月京都競馬場1600mのデイリー杯2歳Sです。
 スピード馬のシュウジを子供扱いする直線の伸びで3馬身半差の圧勝でした。
 完成された強さに感じたものです。
 
 マイル路線で主役を張るためにもきょうの東京新聞杯も負けられません。

 馬券ももちろんエアスピネルからです。
 ただオッズがなあ、、。
 相手有力とされるヤングマンパワーやブラックスピネルなら馬連で4〜5倍ほどです。
 少しでも配当アップを狙って先行するマイネルアウラートと決め手のあるブラックムーンの2頭でいきます。

 馬券
 馬連で 7番から相手 3 , 6
    各 2,000円✕2 = 4,000円
         合計4,000円

 一方きさらぎ賞も少頭数で堅そうですね。
 サトノアーサーで決まりのような馬券の売れ方です。川田騎手も怪我から間に合いました。というか間に合わせたみたいです。

 このレースもサトノアーサーからだとダンビュライトやプラチナヴォイスでは馬連で5倍以下となっています。
 ここもオッズを第一に考えて買います。
 アメリカズカップとエスピリトゥオーゾ。
 根拠はありません。エスピリについては未勝利を勝ったばかりですが、過去にこういう馬が絡むことも何度かあったために狙いました。
 馬券は
  馬連 1番から 6, 7
  各1,000円✕ 2 = 2,000円
  ワイド 1ー6を 1,000円
       合計3,000円

 2017年収支
  購入金額 47,200円
  払い戻し 11,350円
 
 京都は朝から雨です。ゆっくりテレビ観戦します。東西の1番人気馬のレースぶりが楽しみです。

シルクロードS 勢い1番セイウンコウセイ短距離界に新風を! 根岸S オッズ的にキングズガードに魅力・・

 当ブログは暗いトンネルから一向に抜け出せません。年明けの1月は全敗の気配が濃厚になっており、何とかしなきゃの気持ちは強いのですが、、。

 さて京都競馬場ではシルクロードS芝1200が行われます。
 12年はロードカナロア、14年はストレイトガール、名馬もこのレースを制しています。
 昨年はダンスディレクターが逃げたローベルベローチェを直線で差し切りました。

 今、短距離界はスター不在の状況です。
 高松宮記念を優勝したビッグアーサーの天下となると思われたのですが、スプリンターズS香港スプリントとも二桁着順と崩れてしまいました。

 今年のシルクロードはG1や重賞でもお馴染みの顔が揃いました。
 1番人気は57,5キロでも快速馬のネロ、昨秋のスプリンターズの3着が光るソルヴェイグが僅差でつづいています。少し開いて昨年の覇者ダンスディレクターが3番人気となっています。

 こちらの狙いは唯一東から参戦してきたセイウンコウセイにしました。関東馬ながら京都は2戦2勝と得意にしています。
 前々走の1400を11番人気で逃げ切ると、前走は2番手から直線楽に抜けて快勝しました。
 鞍上の松田騎手も手の内に入れているようです。
 新参ものですが、短距離界に新しい風を吹き込んで欲しいと願っています。
 人気はこの厚いメンバーの中、当日午前の段階で4番人気に支持されているのも期待の表れです。

 馬券は
  単勝 11番2000円
  馬連 11〜 5 , 10を各1000円=2000円
     11〜 7 , 9を 各 500円=1000円
  3連単11頭固定
     相手 5 , 7 , 9 , 10
100円✕12点=1200円
       合計 6,200円

 一方東京競馬場ではフェブラリーSの前哨戦、根岸Sです。
 
 後方一気がすっかり身についたカフジテイクが人気の中心となっています。
 この鬼脚のカフジテイクと同じキャラがキングズガードです。
 昨年10月のグリーンCの時はキングズガードが1番人気だったのですが、6番人気のカフジに完敗の2着、続く武蔵野Sでもカフジが3着でキングズは4着でした。
 カフジはG1チャンピオンズSでも大外から追い込んで勝ち馬からコンマ2秒差の4着と見せ場をつくりました。

 すっかりカフジに水を開けられたキングズですが、その分オッズ的には美味しくなりました。
 1400mは最も能力を発揮できる距離です。藤岡佑騎手の1発頼みです。

 馬券
  単勝 14番 1000円
  3連複 3 14 2頭軸流し
    相手 1 , 2 , 4 , 5 , 11 , 13 , 15 ,16
各 400円✕8= 3200円
     合計 4200円

 1月最後の勝負、力が入ります。

   

東海ステークス 人気3頭で決まるのか?!アスカノロマンの苦い体験も・・

 稀勢の里がようやく優勝しました。
 この日を待ちに待っていた大相撲ファンはどれほど多かったことでしょう。

 雪で火曜に開催された日経新春杯、シャケトラは直線でいったん先頭に踊る場面もありましたが、ミッキーロケットに差しかえされました。
 うーん、私にとっては大きいハナ差負けです。
 馬券が当たってくれません。
 打つ手がない状態です。

 本日は中京競馬場でダートのG2東海ステークスが行われます。
 サウンドトゥルーアウォーディー、アポロケンタッキーの“新3強”を追いかける馬たちの参戦もあって見逃せません。

 出走馬の中にアスカノロマンの名を見た時、昨年末のチャンピオンズCの苦い体験を思い起こされました。

 3年近く買い続けてきたアスカノロマンでしたが、帝王賞南部杯みやこSの惨敗ぶりからチャンピオンズCでは買うのを断念しました。
 ところがどうですか、先行しての粘りで3着に激走しました。それも勝ち馬とはコンマ1秒差の強い競馬です。
 頭を抱えました。アスカノを見限った天罰に感じたものです。
 
 今回はもちろんあのような失敗は避けたいと思います。アスカノロマンは昨年のこのレースの勝ち馬です。
 そのアスカノ以外では東京大賞典を制したアポロケンタッキーをシリウスSでアタマ差下したピオネロとみやこSで同じくアポロとタイム差なしの2着した明け4歳のグレンツェントが人気を集めています。3頭のなかではグレンツェントが1番人気になりそうです。
 
 どう見ても3頭の力が抜けているように思いますが、3頭で決まるかというとどうですかね?
 ダートに活路を求めてきたラストインパクトや実績のあるインカンテーションなども馬券内に食い込んで来るかも知れません。
 
 馬券は
 3連単 3連複ともフォーメーション
 1 , 8 , 9〜1 , 8 , 9〜1 , 8 , 9 , 6 , 13 , 14
穴馬も3列目に入れました。
  3連単 100円✕24点= 2400円
  3連複 200円✕10点= 2000円
       合計 4400円

 アメリカJCCは
 ぜーヴィント、リアファルが力上位でしょうが、6歳と遅まきながら重賞にも慣れてきたルミナスウォリアーを狙います。
 馬券は 
 単勝6番1000円 複勝6番2000円
      合計 3000円  

  2017年収支
  購入金額 29,400円
  払い戻し    0円

 ピオネロの騎手が福永から川須に乗り替わったんですね。波乱の匂いも?
 とにかく的中したいよー。
 

 
 
 
 
 

雪で2日延びた日経新春杯 名前に惚れました♡ シャケトラ・・一気に重賞獲りだ

 私の住む京都市内は土曜日から3日間雪が降り続いています。
 明日の火曜日も雪が降るかも知れません。

 代替競馬は月曜が中京、火曜が京都となりました。
 日経新春杯が火曜日に行われるとは、、。
  レース内容に関わらずファンの記憶に残るレースとなりそうですね。

 4年連続で明け4歳馬が制しています。昨年は4歳馬のワンツー、売出し中のシュヴァルグランを並ぶ間もなくレーヴミストラルが差し切りました。最後方から直線で全頭を飲み込んだ末脚は圧巻でした。 
 

 今回は前日発売がないのでまだ単勝オッズが出ていませんが、神戸新聞杯であのサトノダイヤモンドとクビ差の接戦を演じたミッキーロケットが1番人気で間違いないでしょう。日曜までは私もロケット軸で買うつもりでした。

 芝2400mの外回りですから本来は上がりタイムの速い馬重視なんですが、何せ雪の影響で馬場も相当ぬかるんでいるはずです。

 人気が予想される4歳勢も差し脚タイプばかり、単騎でで逃げるヤマカツライデンは穴人気以上に売れるのではないでしょうか。
 昨年の覇者レーヴミストラルは58キロだけに嫌われそうですね。

 さて狙いは4歳馬のシャケトラにしました。ふだんならまだ未知数の人気が先行しているこういった馬は買わないのですが、火曜開催が異例だけに、デビュー5戦目で異例の制覇というストーリーを勝手に作りました。安易ですけど。

 シャケトラはここまで4戦3勝、3着1回、上がり3ハロンはすべて最速、レースぶりは大物感たっぷりです。しかも今回は53キロと恵まれました。
 
 1000万勝ちから格上の強力メンバー相手に通用するのかは分かりません。
  シャケトラ、漢字なら「鮭虎」個性的でなんとキップのいい響きなんでしょう。
 (本来の意味はイタリアの幻のデザートワインだそうです)
 この馬、強くなったら人気馬になるでしょうね。


 馬券
  シャケトラの単勝3 番  3,000円。

 2017年収支
 購入金額 26,400円
 払い戻し    0円

  年明けは依然連敗街道を走っています。

京都 中京は雪で中止 昨日のヒルノマテーラは何もせずのの13着(泣)京成杯はボックスを少しだけ

 大寒波による雪のため中京が早々とそして京都も本日の競馬は取りやめとなりました。

 昨日の愛知杯、期待を込めて買ったヒルノマテーラのレースぶりには落ちこみました。
 終始1頭だけ離れた最後方をすすんで「さあ直線外にだして」と思ったら内へ切れこんで行くじゃありませんか。全く何もできないままの13着でした。これで3走連続の二桁着順、馬の調子を見抜けなかった自分が情けなくなります。
 
 しかも優勝したのがマキシムドパリ、出走した3頭のお手馬のなかの1頭ですから、いったいどこ見てるねんと自分に突っ込みたくなりました。

 マキシムドパリは後方から豪快に外から差し切り、初重賞制覇、岩田騎手は2015年9月以来、久々のJRA重賞勝ちとなりました。
 うーん、岩田の重賞復帰vは取りたかったなあ、、。
 荒れる愛知杯の定説は今年も生きてました。
 1番人気が勝っても10番人気、6番人気と来て12万馬券でした。恐ろしいレースです。
 

 京成杯はデビューしたての馬も多く、ボックス馬券を少しだけ買って観戦しようと思います。

 レイデオロの2着したコマノインパルス、マイネルスフェーンそれにデビュー勝ち1戦だけのサーベラージュ、ニシノアモーレの4頭を選んでみました。
 馬単ボックス
  1 , 2 ,6 , 8
300円✕12点= 3600円

   たぶんまた抜け目になりそう。

 2017年収支
  購入金額 22,800円 
  払い戻し    0円